« 青森ー4 グルメ | トップページ | 台湾探鳥ー2 »

2009年8月10日 (月)

台湾探鳥-1

2008年4月4日(金)~8日(火) 4泊5日   行きたい~行きたい~イキタイワン♪というコマーシャルに乗せられた訳ではありませんが、隣のMさんと出かけてきました。  野鳥情報は3回台湾探鳥経験者のM君から図鑑や探鳥地が送られてきて、それを元に行程を考えました。  あとはネット検索で台湾探鳥記を読みあさりました。 安い航空券(JAL)を購入し、宿は国際電話で直接予約、新幹線やバスもネットで時刻表が出せるなんて便利な世の中になりましたね。    

4月4日 関空10:25→JAL→台北12:15 (時差ー1時間) 3時間弱で台北に到着 タクシーで新幹線の桃園駅に行き券売機で自由席を購入して乗り台中駅には30分あまりで14:00に着きました。  台湾はタクシーが安く今夜の宿の谷関温泉まで1600元でした。途中の車窓からは電線どまりのオウチュウやアカモズを見つけ退屈しませんでした。 2時間ほどで恵来谷関温泉に着きチェックイン、ここで問題発生!!!   ツインが満室だったなのでシングル2部屋を予約していたつもりが、ダブル2部屋らしく料金もめちゃ高いのです。 え~~~どうしよう??? と困っていたらシングルの部屋にエキストラベットを運んでくださるというので悩みは解決しました。 ほっ・・・(*^_^*)  お部屋に入ってビックリ \(◎o◎)/!  豪華な新婚さん向きのお部屋だったのです。   そして初体験の水着着用の露天風呂にも入りました。                                              

 4月5日は早朝ホテル周辺を歩くと電線にシロガシラ、クロヒヨ、木の枝にカヤノボリ、草むらにヒメマルハシ、最後にカワビタキ幼鳥を見てホテルに戻りました。 

↓カヤノボリ

 Kk0671

前日フロントで送迎をお願いした車で八仙山国家森林遊楽区で探鳥しました。  車を降りてすぐに会いたかったヤマムスメが地面に降りたのには驚きました。 まさかこんなに早く目的の鳥に会えるとは思いませんでした。 

↓ヤマムスメ&蛙

3

 

Yama0800

カエルを咥えたヤマムスメの飛んだ方に行くと親切な女性が枝にとまっているヤマムスメを教えてくれました。 又山荘の管理人さんは巣の場所を日本語で説明して下さり、私は夢中で枝の隙間からでも撮れて満足でした。 広い公園を探鳥すると次々に現われる鳥を夢中で撮影、ベンチで休憩していても目の前の木にヒメオウチュウ、オウチュウがとまるので休憩していられません。 赤い鳥が横切り捜すとヒゴロモ、ベニサンショウクイなのです。さらに可愛いアオチメドリやメジロチメドリがチョロチョロし、クロヒヨ、ゴシキドリもいました。ビギターセンターそばにはカワビタキの♂♀そして幼鳥まで度々姿を見せてくれました。 管理のおじさんが「ヤマムスメは昼間山に行って2時ごろ戻る」と言っていたとおり、迎えの車が2時に到着した時本当に山から3羽が帰って来ました。 感動です。 車でバス停まで送ってもらい バス→東勢→タクシー→台中→新幹線→嘉義→タクシー  今夜の宿「嘉義皇爵大飯店」に到着しました。  

↓ ヒゴロモ

Photo_4

↓ベニサンショウクイ

Bei0928

↓ヒメオウチュウ

Outyu0965

↓アオチメドリ

Ao0975

↓メジロチメドリ

Mei0832

↓ゴシキドリ

Gosii0750

↓カワビタキ♂

Kawa1309

Kawa1251

Kawa1173

 

|

« 青森ー4 グルメ | トップページ | 台湾探鳥ー2 »

台湾探鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾探鳥-1:

« 青森ー4 グルメ | トップページ | 台湾探鳥ー2 »