« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー5

ランチバイキングを食べてからロッジ周辺を歩くと ズアカサイホウチョウ、ムナオビオウギビタキ、アカメヒヨ、リュウキュウツバメがいました。 レストランの前の川傍のデッキから双眼鏡で見るとルリノドハチクイ♂♀が木にとまっていましたが、下に飛んだら見失いました。 すると突然地面の穴から飛び出してきました。 こんな穴で営巣するんですね。 日本人の新婚さんと話をしていたら、鳥が川向こうから鳴きながら飛んできて木にとまったので、急いで写すとヒメカッコウでした。A8681

ズアカサイホウチョウ 渡り廊下をチョロチョロしています

Aaa8582

ムナオビオウギビタキ

A8719

アカメヒヨ

A_8618

リュウキュウツバメ

A8641

ルリノドハチクイ

A8646

この穴に出入りしていました。  

 A8671

ヒメカッコウ♂  なんとか映っていましたぁ。

渡り廊下もチェックです。

R7942

渡り廊下の下にいたトカゲ

R00804

ボルネオトカゲ

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー5"

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー4

3月8日  5時半薄暗い中レストランに行くと誰もいません。スタッフ さんに声をかけ朝食を作ってもらいました。 6時半から探鳥開始です。  今朝は霧で鳥は1時間近く出てきません。 泥道をゆっくり歩いて行くとやっとエンビシキチョウを見つけてからはミノゲチメドリ、アオメモリチメドリ、クロカケスが出ました。 ほっと一息つくと 赤い鳥! バラエリキヌバネドリ♀が飛び出しました。 あっと見とれていたら飛んで木にとまり慌ててシャッターを押したが枝かぶり。 でもでも嬉しいTrogonちゃん~~~♪ 今日はツイテルかも~~~ (*^_^*)  ルンルンで進むと今度はジャングルの白い妖精カワリサンコウチョウがいるとイスナディルが言うではありませんか! いたいた・・・いましたぁ  ホイホイホイと鳴いています。 飛ぶと長くて白い尾がふわり~ふわり~~~ ナント優雅なんでしょう  胸キュンです。 大喜びの二人を見てイスナディルも笑っています。 (o^-^o)  

A8261

エンビシキチョウ

Aaa8284

バラエリキヌバネドリ♀

Aa_8306

カワリサンコウチョウ♂

Aa8333

カワリサンコウチョウ♂   ホイホイホイ~~~♪

クリイロバンケンモドキ、シラガシキチョウ、ムジサイチョウなど。遠くの高い木にミナミカンムリワシが営巣していて度々飛翔。

A8449

カオグロクマタカ→ミナミカンムリワシに訂正

横道にそれて行くとエビチャゲラ、坂を登って行くとイスナディルが自慢げにレーザーポイントで示したところを見ると・・・わお~~~Banded だぁぁぁぁぁ しかし高くて暗くて難しい。 取りあえず証拠写真を何枚か撮り、位置を変えても背中を撮るのは無理。 そうだ それならイスナディルのスコープで♂をじっくり見たいと歩いたら、突然カメラが・・・・・・・・ドスンと倒れてしまった。 慌てて三脚を起こしカメラを点検するとエラーが出る  あぁ~~~困った どうしよう? こんな時にかぎってヒメアオヒタキ、それに撮りたかったセイランが近くを歩いている。 情けないです。 一息ついてよく見ると三脚座が割れている。 カメラを三脚から外すとシャッターが下りた。 ひとまず大丈夫そうだ。 よかつたぁ。。。 

A8492

カザリショウビン♂  最初の1枚  ブレても嬉しい(*^_^*)

Aaa8503

カザリショウビン♂  

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー4"

| | コメント (6)

2009年10月29日 (木)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー3

約束の3時にガイドのイスナディルと会いました。 イスナディルは田仲さんとRICKさん達が一押しの優秀な方で予約が難しいそうです。ロッジには無料のガイドはいるのですが、他の人たちと一緒なので私達はプライベートで鳥専門ガイドを別料金でお願いしました。 若い彼はまずどんな鳥が見たいかを聞き、それに応えようと一生懸命に捜してくれました。  私は長靴にヒルよけスプレーをたっぷりかけ長袖長ズボン帽子双眼鏡をぶら下げカメラ&三脚というスタイル。 日本人ですね~。 欧米人はタンクトップや半袖半ズボン姿の人もいます。 日焼けや虫対策はいいのか心配ですね。 あちらからは日本人スタイルが可笑しいのかもしれません・ヽ(*^-^)    いよいよ森に出発です。 イスナディルの後を鳥を捜しながら進みますがなかなか鳥がいません。  あっ小鳥! 見るとコサメビタキです。 ちょっぴり懐かしい感じ・・・ 以後ここを通るたびに見かける可愛い子です。  コアカメチャイロヒヨ、キゴシタイヨウチョウミカドバトが出たぐらいでした。  高い木に赤いクリイロリーフモンキーの親子を見てロッジに帰りました。  ヤイロは鳴いていたのですが見れず明日に期待となりました。

A8798

コサメビタキ

R8096

キゴシタイヨウチョウ

R_8104

ミカドバト

Kuri8113

クリイロリーフモンキー

イスナディルと別れロッジの渡り廊下を歩いていると木にキミミクモカリドリ、地面にコシアカキジ♂♀が歩いていました。

R8044

キミミクモカリドリ

Rr8228

コシアカキジ♂

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー3"

| | コメント (2)

2009年10月28日 (水)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー2

3月7日 早朝5時からレストランで朝食を済ませ送迎車で空港に行きました。  7時発の小型プロペラ機でラハダトゥ空港には8時前に到着。  途中窓からは雄大なキナバル山やパームヤシのプランテーションが見えました。  すると突然「コケコッコー~~~♪」と機内からニワトリの声が・・・これには思わず笑ってしまいました。 なんとローカルで微笑ましいことでしょう

R00770

コタキナバル空港から小型プロペラ機に乗る

R0790

機内の窓から見るキナバル山 

空港から送迎車でボルネオ・レインフォレストロッジの事務所で手続き後出発時間まで付近を探鳥。  ギンパラのラブラブシーンや巣を見つけたり、キバラタイヨウチョウを見て出発の時間となり、9時半に4Wに乗り込みロッジまでの苛酷なドライブが始まりました。  アスファルトは最初だけで後は熱帯雨林の泥道の悪路がず~~~~~と続くのです。  3時間後やっと・・・ロッジに到着。 ふぅ~~~  くたびれましたぁ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

R_7937

ギンパラ  沢山いました

R9537

ロッジに着くと葉っぱのレイと冷たいオシボリとウエルカムドリンクを飲み、渡り廊下で繋がっているコテージに案内された。 私はスタンダードを予約したのに案内されたお部屋は露天風呂付だった。  もしやと「デラックスルーム?」と聞くと「イエス」とにこやかな笑顔で答える。   わぁ~~~い ラッキー♪

R0800

左にトイレとシャワールムがありテラスに露天風呂あるコテージ 

T0805

渡り廊下 奥の右の建物にレストランがある

渡り廊下を進みレストランに行くと豪華なバイキング形式でした。 椅子に座るとスタッフさんがにこやかな笑顔で迎えてくれました。 デザートも種類が多く満足でした。 食後ロッジ周辺で探鳥。  ランチを食べながら見て気になっていたツバメはコシラヒゲカンムリアマツバメで木に長い間とまっていました。 スタッフさんが「サルがいるよ」と言うので行ってみると、ボルネオテナガザルが木にいました。 それにカメレオン(モリドラゴン)がトレイル傍の木の幹にじっとしていました。あまりに近いので下がって撮影。 

R7994

コシラヒゲカンムリアマツバメ

R8031

ボルネオテナガザル

 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー2"

| | コメント (4)

2009年10月27日 (火)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥

2009年3月6日~11日 コタキナバル1泊 ダナンバレー3泊  ジスコ・ボルネオ旅行社の田仲謙介さんに3月上旬、ロッジと優秀なガイドさんの両方の都合が良い日で日程を組んでいただきました。     そしてRICKさんの探鳥記を丹念に読むと、ヒルが多いことが解り、日本野鳥の会で携帯長靴を、好日山荘でヒルよけスプレーを購入。 田仲さんから丁寧な日程表が送られてきて、後は出発の日を待つばかりとなりました。 (田仲さんは現在ワイバードのバードガイドさんです) 今回も隣のMさんと二人旅です。

3月6日 マレーシア航空airplane 関空発11:10→コタキナバル16:00着   送迎車でシャングリラホテルに到着。  荷物を置き急いでタクシーに乗りタンジュン・アル・ビーチに向かいました。 車を降りるとすぐシロハラクイナがいたので大慌てでカメラをセットするも間に合わず隠れてしまいました。 公園を歩くと目的の緑色のコオオハナインコモドキはすぐに見つかりました。  テリカラスモドキ、メグロヒヨ、シキチョウ、ブッポウソウ、ナンヨウショウビンなどがいましたが、夕方薄暗くなり撮影は終了。 海を見ると夕焼けに染まる空と海が美しく階段に座って陽が落ちるまで眺めて楽しみました。  その後タクシーでセドコに行き前回と同じツインスカイで美味しいサバベジ(野菜炒め) 脱皮した柔らかい蟹のから揚げ ビーフン そしてビールで乾杯 beer   セドコからシャングリラホテルは近いので歩きました。

Oohana7771

コオオハナインコモドキ

Oohana7841

コオオハナインコモドキ

Midori7848

テリカラスモドキ

Meguro7854

メグロヒヨ

A1000717

タンジュン・アル・ビーチ公園  ここからはコンデジ撮影です

A1000727

A1000730_2 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥"

| | コメント (6)

2009年10月26日 (月)

マレーシアのガイドさん来日(大阪城公園探鳥)

昨日はマレーシアのガイドのシャムさんと大西さんが来日されて、それぞれお世話になった人たちと一緒に大阪城公園で探鳥しました。 中には名古屋から駆けつけた方もいらっしゃいました。  公園を歩くとどこかの探鳥会らしく大勢のバーダーさんにまず驚かれ、次にコマドリポイントで大勢のカメラマンが取り囲んでいる様子にもっと驚かれました。  こんな光景を見られたのは勿論初めてで、コマドリがつつじの木から飛んで行かない事も不思議がられていました。  コマドリは木の中でしたがスコープで確認でき初認の綺麗な♂に「Japanese Robin]と大喜びでした。 ムギマキは飛び回り、少し歩くとシジュウカラが虫を咥えていて「可愛い~♪」と喜ばれました。 シジュウカラも少し色が違うそうです。 キジバトが地面を歩いていて遠くから双眼鏡で見ていたので「近寄っても平気ですよ」と言うとびっくりされていました。 カラス、ハクセキレイも嬉しいらしく、皆も珍鳥でなく普通種も感動される様子にとても新鮮で自分達がバードウォッチングを始めた時の感覚を思い出しました。 桜広場で若いNさんがノゴマを発見!!!  彼は鳥を見つける能力は抜群でたよりになりました。 ノゴマは♂で座って待ってると木の中を行ったり来たりしていましたが、すぐ傍で赤い喉まで見る事が出来ました。 餌づけなしで近くで見れてラッキーでした。 人が増えてきたので神社裏に移動、ここでもNさんがジョウビタキ♂を見つけ修道館横ではジョウビタキ♀、西ノ丸庭園にマミチャ情報があり駆けつけると、マミチャ、トラツグミそれにクロツグミまで高い木にいました。クロツグミは遠くの木にいるといわれても、いくら双眼鏡で捜してもわかりません。 そんな時シャムさんはバッチリスコープに入れられてさすがにプロと皆で関心しきりでした。  昼食後再開の記念に大阪城をバックに皆で記念撮影をしました。  そこから博物館横でまたジョウビタキ♂飛騨の森ではお堀に浮かぶ水鳥に感激されました。   マレーシアではカモは2種それも稀だそうです。  ヒドリ、アメリカヒドリ、キンクロハシビロ、ホシハジロを堪能されました。  シャムさん大西さんにお世話になったバーダーさんとご一緒できて楽しい1日でした。  お二人と再会を約束し握手してお別れとなりました。

A0456

ガイドのシャムさんと大西さんです。

http://www.asian-safari.com/

| | コメント (12)

2009年10月22日 (木)

マレーシア半島部探鳥-9

クアラセランゴール自然公園を後にして海沿いに出ると小川の木にはナンヨウショウビンがよくとまっていました。  船着場のデッキから見ると、ここでは珍しいコハゲコウという、名前のとおりブサイクな大型の鳥がいました。(・∀・)ニヤニヤ   突然飛び込んだのはコウハシショウビンでしたが遠すぎて写真にならずザンネンでした。  ナンヨウショウビンアオショウビンもいました。 後はササゴイ、リュウキュウツバメなど。   コテージに戻りシャワーを浴びチェックアウトをして軽くランチの後に向かったのは空港近くのプトラジャヤ公園でした。 池にはセイケイ、インドトキコウ、が優雅にたたずんでいました。  緑多く浅い池がありよい環境でした。  草の実を食べるキュートなヘキチョウの集団、ヒメマミジロタヒバリアカガオサイホウチョウ、ハイバラメジロ、ナンヨウショウビンを見て探鳥終了となりました。  最後の夕食にシャムさんお奨めのレストランに行きましたがここも激ウマでした。restaurantbeerwink 日本では食べれない美味しさでした。       とうとうお別れの時が迫ってきました。  大西さんは空港のチェックインカウンターまで送って下さりそこで別れを惜しみました。weep  たった3日間でしたが大変密度の濃い探鳥となりました。 シャムさん 大西さん ありがとうございました。 m(_ _)m   又会える日を楽しみにしております。

A_1465

ナンヨウショウビン

A_1476

アオショウビン

A1481jpg

アオショウビン

A_1404

コハゲコウ ブサイクです!!(゚ロ゚屮)屮

A1492

インドトキコウ

A1506

セイケイ

A1555

ヘキチョウ  可愛かったぁ(。・w・。 )

A_1630

ヒメマミジロタヒバリ

A1518

アカガオサイホウチョウ

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

マレーシア半島部探鳥-8

9月21日 最終探鳥日となりました。  早朝薄暗い中クアラセランゴール自然園に着くと雨 rain・・・(つд⊂)エーン   でも東屋で用意して下さった朝食を食べ終わると雨がウソのように止んだのです。cloud 遊歩道を歩いていると次第に晴れてきました。sun  シロガシラトビ、メグロヒヨドリ、カンムリワシナンヨウショウビン、ハシブトアオバト、コアオバト、チャノドコバシタイヨウチョウ、ズアカミユビゲラ、タケアオゲラなどが出るわ出るわ。。。  その頃からレンズに異変が!!! 何かおかしいのです。 ピンがこない???  レンズを見ると中が白く曇っているではありませんか!!!ぎゃ~~~どうしよう?    困った困った・・・ショックです。  こういう時に限ってチャガシラコゲラやマレーシアセンニョムシクイ、ハイイロオウチュウ、タケアオゲラ、クロバンケンモドキ、などが至近距離なんです。  レンズは朝の雨で湿気ひどくなり曇ったのです。 初めての経験でした。 撮影はこれまでと諦めましたが、強い太陽光で次第にレンズの曇りが小さくなり撮影可能になった時は飛び上がって喜びました。  o(*^▽^*)o   チゴモズセアカハナドリコシジロキンパラ、ヒメコノハドリ、ホオアカコバシタイヨウチョウ、アカガオサイホウチョウなどを撮り自然公園を後にしました。 

A1009

カンムリワシ

A1010

カンムリワシ

A1228

ナンヨウショウビン

A_0873

ズアカミユビゲラ

A0870

チゴモズ

A1169

セアカハナドリ

続きを読む "マレーシア半島部探鳥-8"

| | コメント (4)

2009年10月20日 (火)

マレーシア半島部探鳥-7

美味しいランチの後はクアラセランゴールのパルマホテルにひたすら移動してホテルに到着してチェックイン。 敷地内にコテージがあり荷物を置き又車に乗り探鳥開始です。  道路傍にオナガダルマインコカタグロトアカモズ、などを車から降りて撮影。  横道に入り歩くとハリオハチクイコウライウグイスオニカッコウなどがいました。 田んぼではカタグロトビが電線に止まり、リュウキュウヨシゴイ、ササゴイ、ハリオハチクイ、アオショウビンなどがいましたが、さすがに夕方7時ともなると暗くて撮影は無理なので探鳥は終了。 

O_0562

オナガダルマインコ

A_0753

カタグロトビ  カッコイイ~♪

Akamozu0601

アカモズ 

Kou_0704

コウライウグイス

A_0738

オニカッコウ♀

A0785

ハリオハチクイ   暗いです(ーー;)  補正強でも色が出ません。

続きを読む "マレーシア半島部探鳥-7"

| | コメント (6)

2009年10月19日 (月)

マレーシア半島部探鳥-6

9月20日 朝6時にコーランの声で目覚め、ここがマレーシアだと実感しました。 朝食後車で流しながら探鳥。 オオアオヒタキミヤマヒヨドリヤブゲラ、そしてヘキサンを見るが写真は撮れずザンネン。 今朝も美しいズアカキヌバネドリが現われ嬉しくなりました。 ムジサイチョウムネアカハチクイ、セアオエンビシキチョウ、バンケンモドキ、それにチメドリなどの混群に度々出会いました。 その後フレーザーズヒルを下り街で昼食となりました。  このシャムさんがお気に入りの食堂は出るものはすべて激ウマなのです。 沢山の鳥を見た後の美味しい食事はなんて贅沢なんでしょう!!! 

Ooao0014

オオアオヒタキ

Miyama0028

ミヤマヒヨドリ

A0425

ムジサイチョウ

Mu0406

ムネアカハチクイ

Ebosi_0494

エボシヒヨA9686

アカハラコノハドリ

A478

美味しい~~~♪  ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙     激ウマ!!!

| | コメント (2)

2009年10月18日 (日)

マレーシア半島部探鳥-5

つづいてフレーザーズヒルをシャムさんの運転で探鳥しながらゆっくり移動。  シャムさんは鳥を見つける能力は驚異的でした。  これぞ名ガイド!!!   聞くと30年のベテランなのです。   o(*^▽^*)o

Sa_0318_2

サルタンガラ 図鑑の表紙に載っていた鳥  

A9791

マユグロチメドリ

A9793

クリガシラモリムシクイ

A_9909

A9886

アカフサゴシキドリ

A9749

ゴシキドリ

A9823

ヒメカザリオウチュウ

続きを読む "マレーシア半島部探鳥-5"

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

マレーシア半島部探鳥-4

ゴミ捨て場付近の鳥達です。

S9518_2

ジャワオニサンショウクイ

A9635

ノドジロオウギヒタキ

S9299

シキチョウのヒナ

O_9319

ヒメオウチュウ

| | コメント (2)

2009年10月15日 (木)

マレーシア半島部探鳥-3

次に車で向かったのはゴミ捨て場でした。  ここは虫が多く小鳥が集まるのです。 次々に飛んでくる鳥の中に憧れのロクショウヒタキを見つけた時の感動は忘れられない思い出です。 美しい目の醒めるような青い色に愛くるしい瞳はなんて可愛いのでしょう!!!

R9542

R9564_2

R_9326

| | コメント (2)

2009年10月14日 (水)

マレーシア半島部探鳥-2

又車に乗りシャムさんがゆっくり坂道を下っていると何かを見つけた。  急いで車から降りると「ズアカキヌバネドリ♂がいる!!!」 えっ~~~ まさかこんなに早く会えるなんて・・・信じられない。 なんて言っている場合じゃない。 慌ててカメラをセットして取りあえず遠くのを1枚撮り、静かに近寄り息を殺して夢中で撮影。森の中でも赤い色がとても美しくて感動。 ズアカキヌバネドリが飛んで行った後4人で飛び上がって喜び合いました。  

Z_9220

初撮りの1枚   

Z_9239

Z9258

| | コメント (2)

2009年10月13日 (火)

マレーシア半島部探鳥-1

2008年9月18日~22日 (フレーザーズヒル2泊 クアラセランゴール1泊)

ある日ネットでJAL便の関空⇄クアラルンプール往復28,000円という格安航空券(シンガポール経由)を見つけました。 安いです! 例の如くお隣のMさんに尋ねると即OK。  現地ガイドさんに国際電話をかけると9月18日~は空いているとのことですぐに航空券をゲット!  現地バードウォッチング会社アジアンサファリのガイドの大西さんとメールのやり取りの後、探鳥地&ホテルなどすべてお任せして出発の日を待ちました。 HPは

http://www.asian-safari.com/      

9月18日  お昼過ぎに関空を発ちクアラルンプールに着いたのは夜の9時でした。 空港出口に大西さんが出迎えて下さり、ガイドのシャムさんの運転でフレーザーズヒルに着いたのは夜中の12時半でした。  シャワーを浴びて ズーーーーー(-_-)zzz

9月19日  フレーザーズヒルは海抜1500mあり朝は涼しいのです。 朝食後外に出るとオナガウタイチメドリが飛んできました。 まずはゲット!   シャムさんの車で探鳥開始です。 赤いブラシの木に群がる鳥達を見るとマレーシアに来たという実感がして頬が緩みます。 長い嘴のタテジマクモカリドリ、鮮やかな赤とブルーのムナグロタイヨウチョウ、その幼鳥、緑色のアカハラコノハド。 まだ薄暗いのでブレ画像ばかりです。(。>0<。)Onaga9112

オナガウタイチメドリ

Tate8798

タテジマクモカリドリ

Muna8964

ムナグロタイヨウチョウ

Mu9012

ムナグロタイヨウチョウの幼鳥

Ru8837

アカハラコノハドリ

 

続きを読む "マレーシア半島部探鳥-1"

| | コメント (4)

2009年10月11日 (日)

ボルネオ探鳥ー6

4月6日  朝食を済ませホテル敷地内を探鳥するとメグロヒヨ、キバラタイヨウチョウシキチョウ、ギンパラが多い。 バードウォッチングは7時半からで集合場所に行くと欧米人3人と日本人の親子連れ3人と私達が参加。 集合場所はコアオバトやナンヨウショウビンが遠くで見えたが、ずんずん山を登っても鳥はなぁんにもいません。    とうとう最後まで何も出ず私は思いレンズと三脚を担ぎ ドーーーーーーーと疲れてしまいました。゚゚(´O`)°゚    気を取り直してホテル敷地内を歩くとコアオバトが営巣していたり、鮮やかなお花にギンパラキバラタイヨウチョウがとまり撮影が忙しくなりました。  モリツバメの親子やアマサギなど、ホテル外に出るとメグロヒヨが赤い実を啄ばんでいたりミドリカラスモドキがオレンジ色の実のなる木に沢山やって来ます。   最後はチャノドタイヨウチョウを見て時間となりました。  ラサ・リア・リゾートホテルは食事は高くて美味しくなかったけれど、低地の野鳥が簡単に見れてお勧めのホテルです。

Hato5385

コアオバトの親子

Ki5553

キバラタイヨウチョウ

Ko4912

ギンパラ

Mo5411

モリツバメの親子

Me5899

メグロヒヨ

Mi_6025

ミドリカラスモドキ  

Tya6037

チャノドコバシタイヨウチョウ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

HISの送迎車で空港に着き、クアラルンプールで乗り継ぎ関空には翌朝7時過ぎに到着、楽しいボルネオ探鳥を無事終えました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

続きを読む "ボルネオ探鳥ー6"

| | コメント (6)

2009年10月10日 (土)

ボルネオ探鳥ー5

今朝は軽めの朝食だったのでロッジに戻り昼食を食べようと歩いていたら、 会いたかったアイイロヒタキが木にとまっていて感激です。   やっと会えて頬が緩みました。 (* ̄ー ̄*)     それにハジロマユヒタキ、ハイイロオウチュウも至近距離で撮れました。 キナバル公園は開けた場所に野鳥が出るので写真が撮りやすいのです。

Ai_4601

アイイロヒタキ   

Haji4582

ハジロマユヒタキ

Ha4505

ハイイロオウチュウ

ロッジの2階のレストランは植物園側にデッキがありそこでビュッフェを頂きましたが、鳥が飛んでくるので、落ち着いて食べていられません (・∀・)ニヤニヤ   食後デッキの下で座り鳥達のウエーブを楽しみました。

Tyagasira4457_2

チャガシラガビチョウ

バスの時間も気になり早めに管理事務所に戻り野鳥図鑑を購入したり冷たいお茶を飲んでバスを待ちました。  3時半発のシャトルバスは大型なのに乗客は私達だけでした。 それで途中のセドコの傍で特別降ろしてもらうことになり大いに助かりました。 ここはオープンで気楽なシーフードのお店があり中央に沢山テーブルが並んでいます。 どれを頂こうか迷うほどですが、まずビールそれからカニのチリソース、空心菜 、ビーフンを注文。 どれもめちゃ美味しく大満足の二人でした。  食後タクシーでラサ・リアまで戻り、翌朝のホテル主宰のバードウォッチングを申し込み、お部屋で画像のチェック&削除に夢中の二人でした。 お休み・・・ (´△`)Zzzz・・・。o○

| | コメント (2)

2009年10月 9日 (金)

ボルネオ探鳥ー4

4月5日 早朝5時に起きてカップラーメンとバナナを食べて外に出ると、まだ薄暗い中鳥が飛び交っています。  急いでカメラの準備をして飛んでくる鳥達をファインダーに入れるが暗くてブレブレ。 気持ちも高ぶり興奮してなおさらブレてしまいます。 だってアカハシゴジュウカラ、 カンムリオウチュウカオグロオオサンショウクイ、ハイイロオウチュウ、ヒメオナガバトなどがひっきりなしに飛んでくるのでどれを狙うか迷うからです。 これが噂のバードシャワーで街灯に集まる蛾をめがけて普段見にくい野鳥が飛んでくるのです。 やがて 鳥の出が少なくなりほっと一息つくと朝焼けした4101mのキナバル山が神々しく見えました。  ロッジを後にして整備されたトレイルを歩くと薄暗い木にマミジロミツリンヒタキがいたり、頭上をベニサンショウクイが飛んだり、人懐っこいハジロマユヒタキやズグロメジロなどがいて感動の連続でした。 10時にチェックアウトの為ロッジに戻りリョックを担いで公園事務所に行き荷物を預け、3時半発コタキナバルまでの直行シャトルバスのチケットを購入して、又探鳥再開です。 

Aka4322

アカハシゴジュウカラ めちゃ赤いです!(・oノ)ノ

Kan4341

カンムリオウチュウ 30cmと大きい 毛は何本???

Sun4346

カオグロオオサンショウクイ  逆光と思いボツ寸前だった・・・

Ha4357

ヒメオナガバト

Zu4563

 ズグロメジロ 群れて沢山いました。

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

ボルネオ探鳥ー3

ポーリンのつづきです。

帰り道で遠くの木に鳥が飛び交っているのを発見して行ってみると木の実がたわわに実りそこに鳥が次々にやって来ました。 中でもアオガエルのような緑色で嘴が変な鳥のミドリヒロハシにはビックリしました。 こんな鳥がいるなんて驚きです。 他にも緑色のキホオゴシキドリウロコヒヨドリ、オオルリ、ズアカサイホウチョウ、コアカメチャイロヒヨカンムリオリーブヒヨの親子などがやって来るのでどれを撮ろうか迷うほどでした。

Mi4073

ミドリヒロハシ  この旅で一番印象に残った鳥です w(゚o゚)w

Mi4291

ミドリヒロハシ 見ていて飽きません。

Mi4182

ミドリヒロハシ お口開けてくれました。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

Kihoho4278

キホオゴシキドリ

Uroko4083

ウロコヒヨドリ

A4107

コアカメチャイロヒヨ

Tya4228

カンムリオリーブヒヨドリ ヒナちゃんは可愛かったぁ(◎´∀`)ノ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ポーリンはほんの一部しか探鳥してないのに、こんなに鳥がいるなんて!   温泉もあるしここで泊りたかったなぁ。。。         でも今夜はキナバル山の中腹にある公園のリワグスィートに予約しています。   しかたなく車に乗り込みポーリンから1000m高いキナバル公園に移動しました。   名ガイドのアンドリュウと別れて明日からは自力で探鳥です。  アジアンテイストなロッジは公園の中ほどにあり、お部屋は1階にソファー2階はWベットルームでした。  夕食はレストランでナシゴレンとミーゴレンとビール!!!  美味しかったぁ(*^_^*)    売店でカップラーメンを見つけ、朝食用に購入しました。   明日の早朝探鳥が一番の楽しみで、レストランでゆっくり食べていられないからです。     

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

ボルネオ探鳥-2

サンクチュアリーを後にして3時間で標高500mのポーリンに着き、焼きビーフンとジュースで昼食。  ガイドさん、運転手さん、私とMさんの4人で合計800円と格安なのがマレーシア。 食後すぐ付近を探鳥すると水浴び後のオオモズサンショウクイ、長い嘴のコクモカリドリオオキミミクモカリドリ、可愛らしいヒメカレハゲラ、エビチャゲラ、大きな目をしたエリゲヒヨドリ、突然飛び込んできた赤い鳥はグロミツユビカワセミ、葉と同じ色をしたコノハドリ, シキチョウなどひっきりなしに鳥が出て、私達は夢中で撮影しました。

Oo3850

オオモズサンショウクイKokumo3812

コクモカリドリ 

Eri3991

オオキミミクモカリドリ

Ka_3906

ヒメカレハゲラ  コアラみたいに可愛い~(*^_^*)

Mituyubi3848

セグロミツユビカワセミ  あっという間に飛び去り撮れたのはこの1枚のみ

Kono4004

コノハドリ ガイドさんが「あそこ!」 「えっ~どこどこ???」

Siki4037

シキチョウ 獲物をゲット!!!

| | コメント (2)

2009年10月 6日 (火)

ボルネオ探鳥-1

2006年にランカウイ島に行きマレーシアが大好きになり、2007年4月3日~7日ボルネオ島でMさんと二人で探鳥して来ました。  関空発12:00のマレーシア航空に乗りコタキナバル到着は16:10着 (時差1時間)直行便で5時間弱と楽なのです。 今回はHISで飛行機+ラサ・リア・ リゾート3泊付フリーを利用ですが、2日目はキナバル山で宿泊しました。 コタキナバル空港に着き、送迎車は1時間弱でホテルに到着。 ホテルはゴルフ場まである広大な敷地で自然保護区の山にオランウータンも生息しているすごいホテルなのです。  

4月4日 早く目が醒めたのでホテルの敷地で探鳥。ルリノドハチクイ、キンパラなどいましたが、朝食を急いで食べ、ロビーに行くと予約していた野鳥ガイドのアンドリューさんが来ていました。 彼はボルネオで超人気のガイドさんで日本語は堪能なので安心です。  まず初めはサンクチュアリーに行きました。 最初にシロハラクイナ、木道を進むとムナグロ、ササゴイ、、アカガオサイホウチョウ、キバラタイヨウチョウ、黄色くて小さなヒメコノハドリ、奥まで進むとムラサギサギが営巣していました。出口付近ではマダラナキサンショウクイが頭上の木にとまっていました。 この時の画像は設定ミスですべて青くなっていました。 補正してもこの程度です(ρ_;)

Siro3571

シロハラクイナ

Himekonoha3618

ヒメコノハドリ

Sa3710

ササゴイ

Murasaki3679  

ムラサギサギ

Madara3740

マダラナキサンショウクイ

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »