« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

ケアンズ探鳥(2005年)-7

ケアンズ3日目  今日も松井さんのガイドでホテル7時ピックアップです。 まず車で30分のカソワリーハウスで朝食です。  メイン道路からカソワリーハウスに入る道はわかりにくくレンタカーで行く人は要注意です。  ここもレッドミルハウスと同じ2階のテラスで朝食を頂きます。 テラスの傍の木にシラフミツスイ、テリオウチュウ、コブハゲミツスイアカハラモズヒタキなどがとまります。 緑色のキンバト、ミミグロネコドリも至近距離です!!!  奥様がデザートの残ったフルーツを餌台に置くとなんとコウロコフウチョウ♀までやって来ました。 そしてなによりも驚いたのはカソワリーがそろりそろりと森から歩いて来たのです。 そう~ここはカソワリーが庭で見れることで有名な鳥宿なのです。  庭にはヤブツカツクリ、ツカツクリ、ミナミオオクイナや大きなネズミなどもやって来ました。 

シラフミツスイ

A206

シラフミツスイ

A245

キンバト

A224

キンバト

A250

ミミグロネコドリ

A239

カソワリー(ヒクイドリ)

A247

アカハラモズヒタキ

A260

続きを読む "ケアンズ探鳥(2005年)-7"

| | コメント (4)

2009年11月29日 (日)

ケアンズ探鳥(2005年)-6

ツアー後のエスプラネードの海岸では昨年より水鳥の種類も数も少ないものの初見の鳥がいたりして楽しいのです。 

イギリスのバーダーさん達

A198

カタアカチドリ

A185

ハシブトアジサシ

A158

オオアジサシ

A221

ホウロクシギ

A176

オーストラリアペリカン

A164

続きを読む "ケアンズ探鳥(2005年)-6"

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

ケアンズ探鳥(2005年)-5

ボートクルーズの後はレッドミルハウス(鳥宿)で朝食を頂きました。 2階のテラスで美味しい朝食を頂いていたら、ご主人が「池にルリミツユビカワセミがいる」と教えて下さったので、急いでカメラを持って駆けつけ撮る事が出来ました。 \(^o^)/  ほぼ毎日来るそうです。 朝食を食べている間も鳥がやって来て嬉しい悲鳴です。  外を歩くとキンバトが見え隠れしていました。  「わあ~~~キンバトだぁ!」と興奮していたら松井さんはそれ程珍しくない様子・・・ 私は石垣島ではずしていたので嬉しかったのです。(◎´∀`)ノ

レッドミルハウスの看板 

A126

 ルリミツユビカワセミ

A116

レッドミルハウスの朝食 美味しかったです。

A195

レッドミルハウスを後にして次の探鳥地キングフィッシャーパークに向かいました。  ヤイロチョウを捜してもらいましたが残念ながらでません。 でも敷地内は鳥多くワライカワセミ、フヨウチョウ、メンガタカササギヒタキ、モズヒタキ、キンバトなど。 ふたりが特に気に入ったのは可愛いキアシヒタキでした。  ふたりは「ここにゆっくり泊まりたいね!」 と言いながら次に向かったのはマウントカーバイン。  ここで目的のオーストラリアオオノガンを見て探鳥終了となりました。  車はケアンズに戻り松井さんとエスプラネードの海岸で別れました。 明日も楽しみです。(*^-^)

フヨウチョウ

A210

キアシヒタキ

A151

オオノガン

A145

| | コメント (2)

2009年11月27日 (金)

ケアンズ探鳥(2005年)-4

ケアンズ2日目 ガイドの松井さんがホテルに5時前に迎えに来てくれました。 ハイウエイをひた走り1時間半でデンツリーの船着場に到着。  クリスのバードウォッチング・ボートクルーズは6時半からでした。  ボートに乗る前にゴシキセイガイインコ、ヒメハゲミツスイ、コブハゲミツス、そしてナンヨウクイナが地面にいました。  ボートが進みだすとヘビウ、ミナミクロヒメウシロハラコビトウが木にとまっていました。 ワープアオバトは度々飛んでいますが木にとまってくれません。 テリヒラハシを見つけるとボートを近くまで寄ってくれたり、ガマグチヨタカは巣の真下までつけるなんて日本では到底考えられないことでした。 チドリ類やハシブトゴイ、ヨシキリ、コキミミツスイなどもいましたが、何と行ってもヒジリショウビンを撮れたのは嬉しかったです。w(゚o゚)w

A104

ゴシキセイガイインコ

A107

ナンヨウクイナ

A108

ミナミクロヒメウ

A109

シロハラコビトウ

A111

パプアガマグチヨタカ

A112

パプアガマグチヨタカ

A114_2

コキミミツスイ

A113

ヒジリショウビン

A115

クリスのボートから降りる人

2時間のクルーズはあっという間に終わりました。

*D70 + 80~400mm +1.4  手持ち撮影

| | コメント (4)

2009年11月26日 (木)

ケアンズ探鳥(2005年)-3

ランチの後松井さんと別れて又ふたりでセンティナリーレイクを歩くとキイロムクドリモドキ、ナマリイロヒラハシが出ました。  ワライカワセミは看板の上でじっとしていて至近距離で撮影。  次に出会ったのは背中のブルーが綺麗なモリショウビンでした。  道路を渡った所でまたナンヨウショウビンを見つけました。 よく見るとカエルを咥えて高い木のアリ塚に出入りしていました。  昨年見つけた池の水浴び場に行くとソデグロバトの集団、ウロコミツスイの水浴び、ナナイロハチクイがダイビングして餌を捕り木にとまり食べて見ていて飽きませんが、最終のバスbusの時間になりバス停に行きました。 でもなかなかバスは来ないのです。  一緒に待っていたアデレードから来たご夫婦が携帯でタクシーcarを呼ばれ、私達もどうぞと誘って下さいました。  嬉しかったです ヽ(´▽`)/  偶然お互いのホテルも近かったのでラッキーでした。   

A060

キイロムクドリモドキ

A076

ワライカワセミ

A086

A088

モリショウビン

A100

ナンヨウショウビン

A101

ナンヨウショウビンの巣

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ケアンズ1日目でワライカワセミ、ルリミツユビカワセミ、ナンヨウショウビン、モリショウビンと4種もカワセミ類をゲット!!!   すごいですw(゚o゚)w

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

ケアンズ探鳥(2005年)-2

センティナリーレイクから道路を渡り墓地に行くとナナイロハチクイが飛び交い、イシチドリが歩いていました。  ソデグロバトが営巣中そしてヨコフリオウギビタキ、パプアオオサンショウクイも木にとまっています。  墓地を過ぎて左周りに進むと小川があり木にルリミツユビカワセミがいると教えてもらい、何とか撮る事が出来ました。 嬉しいです o(*^▽^*)o  その後ヤドリギハナドリ♀を見て植物園に戻り3人でランチrestaurantbeerを頂きました。  食後松井さんと別れましたが、明日から2日間彼のガイドでどんな鳥に出会えるか益々楽しみになりました。 (o^-^o)

A035

ナナイロハチクイ

A037

ナナイロハチクイ

A043

ナナイロハチクイ

A047

イシチドリ

A091

イシチドリ

A055

パプアソデグロバト

A053

ヨコフリオウギビタキ

A057

ルリミツユビカワセミ

A058

ヤドリギハナドリ♀

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

ケアンズ探鳥(2005年)-1 (三度目のケアンズ)

またケアンズ? と思われるでしょうが、何回でも行きたくなるほど魅力がいっぱいなのです。  鳥もおおよそ普通種かそうでないか解るようになるとよりいっそう面白いのです。  今回は友人から紹介してもらった日本人ガイドの松井さんを2日間お願いしました。 

10月13日 関空20時30分発   14日早朝5時前ケアンズ到着 HISの送迎車で事務所に行きHISの説明はパスして、いつものウールワース横のパン屋さんでロールサンドを購入し、タクシーでフレッカー植物園に行きました。  おきまりのベンチで鳥を見ながら食べた後、松井さんと約束の7時半まで少し探鳥。 今日は松井さんの好意で午前中案内して下さるのです。 植物園のゲートで待っているとほっそりとした背の高い物静かな青年が現われました。  彼の後についてセンティナリーレイクを歩くとクロモズガラス、イシチドリの親子、池のほとりの枯れた木にナンヨウショウビンがとまっていました。  傍のアリ塚で営巣しているそうです。  少しづつ近寄って撮っても逃げません。 背中に陽が当たると綺麗です。

A006

イシチドリの親子

A008

A013

ナンヨウショウビン

A016

ナンヨウショウビンが営巣しているアリ塚

ナンヨウショウビンが飛んだ後遊歩道のすぐ傍でチョウショウバトが子育て中ですが、こんな見えるところで襲われはしないか心配でした。  睡蓮の咲く池でカササギガン、マミジロカルガモ、ミナミヒメクロヒメウがのんびりしていたり、空にはミサゴ、シロガシラトビ、モリツバメなどが飛ぶ。  ウロコミツスイ、シマキンバラを見て橋から下を見るとササゴイが真下で餌を狙っていました。

A017

チョウショウバトの親子

A021

カササギガン

A031

ササゴイ

A022

ウロコミツスイ   

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

ケアンズ探鳥(2004年)-6

10月17日 ケアンズ3日目です。 今日もセンティナリーレイクで探鳥しようとホテルを出てエスプラネードで虫除けスプレーと虫刺されのお薬を購入。  水辺で小さい虫に噛まれて痒くて辛いのです。  それから昼食用のロールサンドを作ってもらい椅子に座って待っていると、隣にあるツアーデスクの黒板に「ヘリとクルーズでグレートバリアリーフ」に行くツアーが目に入ったのです。 しかも格安!  Mさんに「行く?」と聞くと即OK。 今日は快晴なので海はさぞ綺麗なことでしょう。  早速予約して2時間後にはホテルで送迎となりました。 息の合ったふたりだから出来る事です。 まずヘリポートに着くと外人さんが4人、待合室にいて一緒に説明を受けてサインをしてからナント体重測定をしました。  救命具をかぶりヘリに乗り込みました。  外人さんよりふたりはスマート!(笑) なので前の席になりました。 ラッキーです (v^ー゜)ヤッタネ!!

A040

薬屋さん

A042

6時半から開いているパン屋さん。

A043

エスプラネードのチケット手配&ツアーデスク

ヘリから見たグレートバリアリーフは素晴らしく 感動しました。 

A163

A165

海に浮かぶヘリポートに着地。 オスプレイ号に乗り込みました。 

A171

A175

オスプレイ号

船ではグラスボートで熱帯魚、サンゴ、海鳥を見てのんびり寛ぎましたが、外人さんはダイビングに夢中でした。 帰りはオスプレイ号でケアンズの港に帰りました。 船からはあの素晴らしい透明なブルーの海は見られませんでした。     

続きを読む "ケアンズ探鳥(2004年)-6"

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

ケアンズ探鳥(2004年)-5

ヘスティススワンプに向かう途中ズグロトサカゲリが沢山いたり、トサカレンカクにも再会したり、キジバンケンホオアオサメクサインコ、メジロ、オオズルなど鳥は多かったです。

A321

トサカレンカク

A413

オオバンケン

A397

ホオアオサメクサインコ

A430

? 

ヘスティススワンプ近くで沢山のセイケイなど水鳥がワンサカいました。  観察舎から双眼鏡で見るとカザリリュウキュウガモセイタカシギ、オオバン、シロハラウミワシ、サギ類など水鳥が多くまた観察舎傍にもミツスイなど。 やがて日が暮れかけるとオオズルが優雅に次々と池に降りてきました。 なんて素晴らしい光景なのでしょう!!!  しばし感動。。。 ここはツルの塒なのです。 ジェイさんは私達に最後にこの光景を見せたかったのでしょう!!!  素晴らしいクライマックスでした。   ありがとう ジェイさん!!!

A437

セイケイなど

A435

シロガシラサギ

A424

カザリリュウキュウガモなど

A444

セイタカシギ

A445

シロハラウミワシ

A448

ミミジロミツスイ?

A452_2

オオズル

A423

オオズル

A425

オオズル

オオズルを堪能してひたすら山道のヘアピンカーブを下りて、ケアンズのホテルに夜の8時前に着きました。 盛り沢山の素晴らしいツアーで大満足のふたりでした。(o^-^o) 

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

ケアンズ探鳥(2004年)-4

お昼になりマリーバの町でハンバーガー(お肉焼きたてで美味しかった)とジュースを頂きアサートン高原に向かいました。 途中モモイロインコが庭の餌台に来るというお家に寄ると、芝生に3羽降りていて近くで見れました.   この鳥はピンクの可愛い色ですが顔は怖いです。  近くの道路にこれまた怖い顔のアオツラミツスイがいました。

A345

モモイロインコ&ショウジョウバト

A357

アオツラミツスイ

道路を走っていると電線にナナイロハチクイ、草むらにジェイさんがムシクイがいたと言って停めてくれました。 セアカオーストラリアムシクイです。 ♂の背中が赤く尻尾がミソサザイみたいです。 可愛くて大好きになりました。

A336

セアカオーストラリアムシクイ♂

A368

オウゴンニワシドリの場所に立ち寄りました。 求愛の為に作った東屋はそばに沢山白い貝殻などで飾りつけられて興味深かったです。 ♀はちらっと出ましたが撮影は出来ませんでした。

A375

オウゴンニワシドリの東屋

やがて車はグラナイト・ゴージに着きました。 ここは動物ウォッチングのコースでもあるロックワラビーが見れる所です。  カササギフエガラス、人懐こいワライカワセミ、ミツスイ等。 ティータイムをそこそこにしてワライカワセミを沢山撮りました。

A380

ガイドのジェイさんとロックワラビー

A396

カササギフエガラス

A402

ワライカワセミ     

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

ケアンズ探鳥(2004年)-3

10月16日  今日はジェイさんのバードウォッチングツアーの日です。 ホテル前の芝生にズグロトサカゲリが座っていて立ち上がると卵が3つ見えました。  こんなオープンな場所で営巣とは驚きです。 傍には幼鳥もいました。  7時過ぎジェイさんの車が到着。 南部のマリーバに向かう途中、ハイウェイの道路傍の木に鳥がいると車を停めて下さり素早く撮影しました。 キバタンの集団、レンジャクバト、バラムネオナガバト、ナナイロハチクイ、ワライカワセミ、アオバネワライカワセミ、チョウゲンボウ、ミサゴ、など。  

A218

ズグロトサカゲリ

A225

キバタン

A258

レンジャクバト

マリーバウェットランドに着くと池の睡蓮にトサカレンカクが歩いていてその可愛らしい姿に感激しました。  シロハラコビトウが杭にとまっていたり、池にブラックスワン、ミナミクロヒメウ、アオマメガン、カイツブリ、カンムリカイツブリなどがいました。

A287

A319

トサカレンカク

A317

シロハラコビトウ

A322

ブラックスワン

続きを読む "ケアンズ探鳥(2004年)-3"

| | コメント (2)

2009年11月15日 (日)

ケアンズ探鳥(2004年)-2

お昼になり昨年と同じフレッカー植物園のレストランでサラダ&ビールで乾杯!!!  暑いのでbeerが美味しいですヽ(´▽`)/  食べていても傍に鳥が出てカメラでパチリ。 幸せなひとときです。 食後は植物園を散策。  南国のカラフルなお花が咲き乱れてそこにミツスイや青い蝶ユリシーズがとまります。  道を隔てたセンティナリーレイクを歩くとツチスドリ、赤いヤドギリハナドリが飛んできました。   池に飛び込むのはナナイロハチクイ、池で鳥の水浴び場を見つけて待っているとテリヒラハシ、ムシクイのペアがやって来ました。 遠くて暗くて動くのでブレブレですが、ケープヨークオーストラリアムシクイは以後見ることが出来なかった貴重な画像です。 そして最後にワープアオバトが出たが写真にならず残念です。

A071

ツチスドリ  

A135

ヤドリギハナドリ

A107

テリヒラハシ

A139

ケープヨークオーストラリアムシクイ♂  ブレでも嬉しい画像です

A140

ケープヨークオーストラリアムシクイ♀

植物園前からケアンズ行きのバスに乗り海岸で下車すると水鳥がワンサカいました。  お馴染みのペリカンン、トキ、サギ類、シギチ、アジサシなどを見てホテルでチェックイン後エスプラネードで夕食を食べました。  ホテルに戻り翌日バードウォッチングをお願いしたジェイさんとロビーで打ち合わせをしました。  日本語がすごくお上手で感じがよく明日が楽しみになりました。    ジェイさんのチャーターバードウォッチングは日本語でネット予約が出来ます。

http://www.mightyaussie.com/tour/details.php?product=71

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

ケアンズ探鳥(2004年)-1

2004年10月14日 関空発  15日5時50分ケアンズ着  昨年あまりに楽しかった二人は再びケアンズを訪問をする事になりました。 HISで航空券+ホテル+送迎 5日間の格安フリープランをゲット!  送迎車でHIS事務所に行き荷物を預け、ウールワース横のサンドイッチ屋さんで野菜たっぷりの美味しいロールサンドとジュースを買いタクシーでセンティナリーレイクに直行しました。 降りてすぐ外人バーダーさんがオスプレイがいると教えてくれました。 オスプレイ? 「何かなぁ」 と付いて行くと木にとまっていたのはミサでした。  さぁ~撮ろうと思ったら1眼レフカメラ(ニコンD70)のシャッターが下りません。 実はバッテリーを入れるのを忘れていてそれは預けた荷物の中。。。  。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん ・゚゚・(×_×)・゚゚・。    そこで昨年の予備機のルミックスFZ-1で撮る事になりました。  ベンチに座りロールサンドを食べていると鳥が飛んで来たり地面を歩いていたりして落ち着いて食べていられません。  野鳥がいっぱいのケアンズに来たことを実感! 嬉しさが込み上げてきました。 池周辺ではカササギガン、カオジロサギ、クロトキ、マミジロカルガモ、マミジロクイナなど。

A006

ミサゴ

A011

カササギガン

A058

オーストラリアトキ &マミジロカルガモ

A066

カオジロサギ

A008

マミジロクイナ ボケですがこれ以後会わず貴重な1枚です

熱帯雨林の中を歩くとワライカワセミ、ズグロトサカゲリ、イシチドリ、ヤブツカツクリ、クロモズガラス、パプアソデグロバト、ゴシキセイガイインコ、メガネコウライウグイス、ヨコフリオウギビタキ、ツチスドリ、ウロコミツスイ、キミミツスイ、キバラタイヨウチョウ、コブハゲミツスイなどなど盛り沢山。 やっぱりケアンズは楽しいです。

A116_2

ワライカワセミ

A032

ゴシキセイガイインコ

鳥が近いとFZ-1の200万画素でもそこそこ撮れました(o^-^o)

   

続きを読む "ケアンズ探鳥(2004年)-1"

| | コメント (4)

2009年11月12日 (木)

ケアンズ探鳥(2003年)-4

10月25日 今日は英語ツアー(日本語ツアーより安い)で南部のアサートン高原方面を廻ります。  出発時間まで朝の干潟を観察。 8時過ぎホテルでピックアップしてもらいバスに乗り込むと国籍もバラバラな人たち20人が乗っていました。  早い英語でチンプンカンプンですが、唯一牛を見て「ステーキ! ミルク!」と言うのだけは笑えました。(o^-^o)  バリン湖に着いてまずデッキで美味しいスコーンとコーヒーが出ました。   青くて透明な美しい湖を舟で1周しますが、野鳥を脅かさないようにエンジン音は小さくスローでのんびり進みました。 ペリカン、ネッタイバン、オオバン、サギ類、シロハラコビトウなどがいました。 あまりに素晴らしく・・・ずーと乗っていたかったです。 船着場に着くと人慣れしたリュウキュウガモがお出迎え。 湖を廻る遊歩道があり時間があればのんびり探鳥してもよさそうです。

A062

バリン湖

A063

クルーズ

A064

A067

又車に乗り紫色のジャカランダの木を見ながら絞め殺しのいちじくの大木を見て、マランダの町の古くてお洒落なビストロでランチとなりました。  その後ミラミラ滝へ。 外人さんはどんな所でも泳ぎます。 二人は集合時間まで探鳥。  

A068

A069

A073

 

次に行ったのは有名なパロネラパークでした。 スペインからやって来た移民ホセ・パロネラが築き育んだ夢の城・パロネラパークは、「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われています。

A071

続きを読む "ケアンズ探鳥(2003年)-4"

| | コメント (2)

2009年11月11日 (水)

ケアンズ探鳥(2003年)-3

10月24日 ネットで検索して申し込んだケアンズより北部のケープトリビュレ-ションとディンツリーの観光ツアーに参加しました。 ホテルで7時にピックアップで車に乗ると日本人7人オーストラリア人2人イギリス人2人の計11人,そして英語ガイド(運転手)日本人ガイドでした。 行程はポートダグラス展望台→モスマン渓谷散策→ディンツリー リバークルーズ→ランチ→ケープトリビュレ-ション→アレクサンドラ展望台→ホテル   ディンツリーリバークルーズでは主にワニを捜しました。 大自然の中でボートに乗っていると気持ちよくまさに別世界でした。 ボートを降りて場所を変えてバーベキューランチを頂きましたが、お肉が硬くていくら噛んでも噛み切れません(/□≦、)  こんなの初めてでした。 外人さんは平気?で食べていました。 でもトロピカルフルーツは種類も豊富で美味しかったです。食後川の遊歩道でカワセミや小鳥がいました。

A054

ディンツリー

A055

ワニ

A057

トロピカルフルーツ

A038

ノドジロハチマキミツスイ  遊歩道で観察

次はケープトリビュレ-ション国立公園に移動、そこは青い海と白い砂浜が美しく、散策しようと歩いたら足元にオオトカゲがいてびっくりでした。 

A056

オオトカゲ

英語ガイドのダニエルにお願いして特別に美味しいアイスクリームを食べれる果樹園に寄っていただきました。 4種類のアイスクリームを食べながら果樹園を歩いているとキバタン、キバラタイヨウチョウ、畑ではカササギガンが沢山いてアイスクリームを食べている場合ではありませんでした。 ここに寄ってもらって本当によかったです。 ダニエルに感謝です。

A074_2

A076

カササギガン

A075

カササギガン

A078

シマコキン

海岸沿いをドライブしてモスマン渓谷散策後、おやつのケーキを頂いてからケアンズまでひた走り6時にホテルへ到着。

A050_2

ブッシュターキー  ケーキを食べた場所で歩いていた。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

お部屋に入らずホテル前の海岸の干潟で水鳥と公園の鳥を観察。

なが~~~い1日でした。 満足 満足 (゚ー゚)(。_。)ウンウン 

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

ケアンズ探鳥(2003年)-2

午後 植物園前からケアンズ市内行きのバスbusに乗りエスプラネードの海岸で降りるとそこは水鳥のパラダイス!!!  まず目に付いたのは大型のペリカン、ヘラサギ、クロトキが! シギチは数え切れないほど沢山で、まだ初心者の二人は到底判断つかず。 アジサシやアジアヘビウやミヤコドリもいたので とにかくカメラのシャッターを夢中で押し続けました。 

A003

A008

A015

A010_3

 

A006

A013

薄暗くなったので歩いてケアンズ駅のショッピングセンターに行き、本屋さんでオーストラリアの図鑑を購入して、ぶらぶら歩いているとイタリアンのお店があったのでアウトサイドのテーブルに座り新鮮な生ガキとピッツアとビールbeerを注文。  生ガキは大きくてジューシーでとても美味しかったです。  トレードウインズ・エスプラネード・ホテルは海岸傍にあり窓から干潟が見えてgoodでした。

| | コメント (2)

2009年11月 9日 (月)

ケアンズ探鳥(2003年)ー1

バードウォッチングを始めた2003年の9月のある日、偶然ネットでJALのHPを見ていたら、ケアンズ往復+ホテル+送迎付5日間フリー62000円というのを見つけました。 その時はケアンズが何処なのかさらに鳥の楽園とも知らず、ただただ安いというだけで飛びついてしまったのです。  私と同時期に鳥にハマったお隣のMさんに声を掛けると即OK!とのこと。 残席2なのですぐに申し込みました。  これが海外探鳥デビューの始まりでこれ以降毎年4回もケアンズを訪れることになろうとは、この時点では思いもよらぬ事でした。 この年はカメラはルミックスFZ-1(200万画素)それにパソコンも始めた年でした。 

10月22日 成田夜発 ケアンズは翌23日早朝着。  リュックとポシェットという軽装でケアンズ空港に降り送迎車でオフイスへ、手作りサンドイッチを買い海岸で食べてからタクシーでフレッカー植物園に降り立つと、今まで聞いた事がない鳥の鳴き声にふたりはワクワク・ドキドキ w(゚o゚)w  隣にあるセンテナリーレイクを歩くと上を見ても下を見ても鳥が次から次にいるではありませんか!  二人は夢中で写真を撮りつづけました。 会いたかったワライカワセミも簡単に見つけてしまいました。 気が付けばもうお昼になっていました。 植物園の中にあるレストランでボリュームたっぷりのサラダとビールで乾杯!!!  園内では南国のお花が咲き誇り、美しい蝶がヒラヒラ飛んでいました。 

A018_2

センテナリーレイク

A022

オーストラリアクロトキ

A021

ワライカワセミ

A030

パプアソデグロバト

A039

クロモズガラス

A034

メガネコウライウグイス

A048

キミドリコウライウグイス

A032

イシチドリ

A037  

続きを読む "ケアンズ探鳥(2003年)ー1"

| | コメント (2)

2009年11月 4日 (水)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー9

ラハダトゥ空港は小さな可愛い空港です。

A00877

空港の玄関

A00876

右奥にカウンター 左に荷物検査 ガラス窓の奥が滑走路 小さい空港は移動をしなくてよいから楽です。

A00896

滑走路の横にアマサギが数羽

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ラハダトゥ空港発14:40 → コタキナバル空港着15:35 

コタキナバル空港では待ち時間が3時間半もありました。 空港の建物から外を見ていたら下の花壇にキバラタイヨウチョウを見つけました。  さっそく二人は下に降りて、可愛いキバラタイヨウチョウの幼鳥を至近距離で手持ちで沢山撮る事ができました。  今回の旅で条件良く鳥を撮れたのはこの時だけでした。   ダナンバレーは写真を綺麗に撮れなかったけれど面白さでは最高でした。

A9903

A9772

A9832

キバラタイヨウチョウ幼鳥 可愛いです(*^_^*)

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー9"

| | コメント (4)

2009年11月 3日 (火)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー8

3月10日 とうとうダナンバレー最終日となりました。 今朝も霧が深く熱帯雨林のキャノピーウォークは視界がよくありません。 そのかわり霧はとても神秘的な効果があり素晴らしかったです。 全長150mの三分の一のところに細い直角梯子があり降りなければいけません。 外人女性が小刻みに震えて降りるのを見ました。~(°°;)))オロオロ(((;°°)~  私は高いとか梯子とか普通は平気なのですが、太いリュックとカメラを首にかけてでは勝手が違います。  カメラがジャマなのと、横滑りに利き足でない足から梯子に乗る時が一番怖かったのです。(;;;´Д`)ゝ   イスナディルも三脚とスコープを持ってかなり大変そうでした。  大砲レンズの人はとても無理でしょうね。

A00851

A867 

A00865

キャノピーからはコシラヒゲカンムリアマツバメとコノハドリだけ。鳥のウェーブもありませんでした。 ガッカリ・・・  しかし しかし キャノピーを降りてすぐイスナディルが呼ぶのです。 ズアオヤイロ♂♀がいるらしいです。  いえ いたのです!!!   暗い中よく見るとズアオが歩いています。 嬉しい~~~♪  これでヤイロは3種ゲットです。 撮り終えてから画像を見るとなんとか映っていました。 傍にやってきたオーストラリアのツアーリーダーのDavidに画像を見せると「素晴らしい!」と言って抱きしめられました。  彼は2週間滞在しているのにズアオヤイロは撮れてないそうです。   私達はめちゃラッキーでした。      イスナディルありがとう!!!

A9466

ズアオヤイロチョウ♂

ルンルンでロッジに戻る途中遠くでムネアカハチクイ、ロッジ付近でカニクイザル、シカ、マレーシアヒメアオヒタキ、オレンジハナドリを見てイスナディルのガイドのお仕事は終了となりました。 「ボルネオのNO1ガイド!」と言ったら「いやNO2」と言ってました。 「そんじゃNO1はアンドリュウ?」と聞いたらイエスとのこと。やはりそうですか。でもヤイロを3種も見せてくれて私達にとって彼はNO1でしたよ! ありがとう イスナディル  

A9499

ムネアカハチクイ

Mさんがシャワーを浴びている間に私はロッジ付近で最後の探鳥。 水浴び場を見つけたらムナオビオウギビタキ、ムナフコウライウグイス、コクモカリドリ、コシアカモリチメドリがやって来ました。あ~~~ん もっと早くこの場所を見つけていたらよかったのに・・・残念でなりません。  私もシャワーを浴びにお部屋に戻り、帰り支度をしなければいけないので泣く泣くその場を離れました。 

A9578

ムナフコウライウグイス

A9586  

 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー8"

| | コメント (4)

2009年11月 2日 (月)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー7

3月9日 今日も5時半にレストランで朝食。 車で遠いトレイルまで送迎をしてもらいました。  今朝は霧が深くて鳥がなかなか出てきませんがキバラサイホウチョウ、ノドグロサイホウチョウは出ても動きが速く難しい。 徐々に霧が晴れて空にはチャイロカッコウハヤブサ、サイチョウが飛ぶのが見えました。  昨日見たムラサキヤイロの声がして姿が見れましたが枝の隙間で写真にならず。  次にバライロキヌバネドリの♂が出たけれど、これまた暗い上に枝だらけ。 ミヤマヒメアオヒタキ♀、オウチュウカッコウ、クリイロバンケンモキ、ルリイロヒメカッコウ、ムジサイチョウ、カザリオウチュウそれにクビワヒロハシがいたけれど悲しいかな300mmでは無理な距離でした。送迎車が来て午前の探鳥は終了となりました。

A00834

A8914

キバラサイホウチョウ

A9042_2

ミヤマヒメアオヒタキ♀

A_8974

オウチュウカッコウ

3時午後の探鳥開始。 まだ歩いていなかった川沿いのトレイルを進むが鳥はまったくいないのです。 イスナディルが雨が降ると言ったとおり途中から雷と激しい雨になり、レインコートを着て黙々と早足でロッジに急ぎました。 昨日に運は使い果たしたようです。 (ノ_-。)    ガッカリしてお部屋に帰りました。  ところがベランダにいると小鳥が入れ替わり立ち代りやってきて面白いのです。  コシアカキジ♂♀も近くを歩くのです。  ベランダから写真が撮れたのはコクモカリドリキミミクモカリドリキゴシタイヨウチョウ、ムネアカハナドリモドキ、オレンジハナドリ、ルリノドハチクイ。    雨でも探鳥出来るすばらしいお部屋でした。

A9392

コシアカキジ

A9163

コクモカリドリ

A9177

キミミクモカリドリ

A9316

キゴシタイヨウチョウ

A9246

オレンジハナドリ

A000817

テラスから探鳥

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー7"

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー6

午後の探鳥は3時からです。  私は割れた三脚座とテレコンをはずし1脚か手持ち撮影に切り替えました。 機材が軽くなったので若いイスナディルの早い歩調に合わせるのも楽になりました。 (鳥がいないと早く歩くのです。)   先ずカワセミのポイントに着くと彼はアオムネカワセミだ!!!と興奮していましたがすでに対岸に飛んでしまい私達は見ることが出来ませんでした。  これは見たかったカワセミです。 ザンネン・・・(ノ_-。)   急に雨が降り急いでロッジに戻るとレストラン下の芝生に大きなヒゲイノシシがのんびり歩いていました。  雨が止み再び探鳥開始です。 虫が大好きなMさんがパンフに載っていた巨大ダンゴ虫を見つけるなんてさすがです。 Mさんが手に乗せるとダンゴ虫は丸くなりました。 私?触れませ~ん(*´σー`)

A8761

ヒゲイノシシ

A8774

ネッタイタマヤスデ(ダンゴムシ) 丸くなったところ

泥道の車道を歩くと「ヤイロチョウの声がする!!!」  彼がI-Podで鳴き声を流すとそれに反応してヤイロが木にとまったのです。  きゃ~~~ヤイロだぁぁぁ   こんなに早く出るなんて思いもしなかったので心の準備が出来てない。   とまった場所はめちゃ暗く露出補正も出来ていないけれど、まず撮らなくては~ と焦ったのでズグロヤイロチョウはこんな情けないブレ画像でした。(ρ_;)

A8781

ズグロヤイロチョウ 色が地味なので見つけにくいヤイロだそうです

またまた大喜びの二人でしたが、興奮冷めやらぬのに今度は道の反対側でムラサキヤイロがいると言う。 え~~~っムラサキヤイロチョウ???  うっそ~???  もう心臓バクバク・・・です。  彼は口笛をやさしく吹くと道路傍の木の下を移動している赤い鳥!!  枝の隙間から見えるヤイロを二人は息を殺して撮影。  暗い中でも赤い色と輝く青い羽はなんという美しさなのでしょう! 幸せです。。。  ありがとう~イスナディル!!! 

A8841

ムラサキヤイロチョウ                                 レンズ300mm F4 露出+0.3 ISO 2000                   

午後の探鳥が終わりレストラン前の川を見ると、遠い木にコウハシショウビン、対岸の高い木にクリイロリーフモンキー親子がいました。

A8878

コウハシショウビン  300mmでは豆粒です

お部屋に戻りシャワーを浴びようとズボンを脱ぐと何かが落ちた。 ぎゃ~~~~~~~それは まるまる太ったヒルだった!!! Mさんはつぶして捨てようとしたらしく、血があちこちピューピュー飛び散った。 大変だぁ。 二人は壁や服やバックに着いた血の拭き掃除をした。私はヒル初体験だったがMさんはフレーザーズヒルで体験済みなので冷静にお薬を塗ってバンドエイドを貼ってくれた。 シャワールームでブラウスを脱ぐと又ポトンとヒルが落ちた。 今度は胸の下。 痛くも痒くもないが、ヒルに刺されたままここまで歩いていたと思うと、めちゃ気持ち悪い。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 今思い返すとヤイロがいた場所にヒルがいたのです。 今日は鳥運は最高でしたが、ヒル運?まであったなんですごい1日でした。

A00810

 私の血を吸ったヒル (≧ヘ≦)

A8788

  ヤイロの場所にいたヒル  足元は長靴&ヒルよけスプレーで安心ですが、服に付いたり上から落ちてくるとは想定外でした。

 

 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー6"

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »