« 飛んでる~ チョウゲンボウ | トップページ | ランカウイ島探鳥 »

2010年3月16日 (火)

大分日田のお雛様

12日から法事で大分に行って今日帰って参りました。  自由時間を1日だけもらいひとりで日田のお雛様を見てきました。  別府北浜から福岡行きの高速バスに乗り込むとおじさまが「日田で降りると聞きましたが、バス亭から町までかなりあるのでタクシーを待たせてあるので僕が送りますよ」とおっしゃるのです。  突然でびっくりしましたが、よく聞いてみると彼も以前バス亭で降りて困ったらしく、今回はタクシーを手配されたとか。。。日田の観光地図を見て日田インター下車がバス亭と思い込んでいた私は大助かりとなりました。  よく聞いてみると彼は元福岡の大分県観光事務所の方で大分のことを熟知され、お話しが面白く日田に着く1時間あまり大分の穴場を詳しく教わる事ができました。  観光案内がお仕事だったので聞き方も上手で私の好みに合わせて候補地を教えて下さいました。 パンフに乗っている有名な所はほとんど行っているので、他のお奨めは院内の石橋、竹田の普光寺麻崖仏(あじさいの時期)白水ダム、長湯温泉などなど。  次回の楽しみができました。  おしゃべりしているとあっという間に時間がきて日田で下車、タクシーに乗り日田駅の観光案内所まで送って下さいました。 なんて親切な方なのでしょう!  感謝感激で胸がいっぱいになりました。   彼のタクシーを見送り観光案内所でレンタサイクルを借り、まず駅で帰りの電車のチケットを購入して町に向かいました。 さっそく彼のお奨めのお店「新」で美味しい雛御膳を食べました。  その後「天領ひな御殿」に入場、おびただしい数のお雛様に圧倒されました。 その数3200体!!!  しかも貴重な享保雛がずらりと並んでいたのには驚きました。  過去に徳川美術館や新潟の旧家や京都などのお雛様を見てきましたが、ここは日本一だと思いました。   上品なお顔に着物、調度品に見とれてしばらく動けません。3時間しかないので仕方なく次に向かいました。  草野本家は建物も古く苔むした風情あるお庭と相まってお雛様を代々選ばれた方のセンスが光ります。 保存状態も良い大内裏雛は圧巻でした。 時計を見ると駅に戻る時間になりしかたなく自転車に乗り駅に戻りました。 豆田町のほんの一部分しか見れていないのが残念です。   帰りはJRの有名な特急「ゆふいんの森」に乗車して帰途に付きました。 カメラを持参しなかったことが悔やまれる日でした。 

↓このパンフを見て急に日田に行く事になりました。

A634_2

A624    

Hina0628

A631

|

« 飛んでる~ チョウゲンボウ | トップページ | ランカウイ島探鳥 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛んでる~ チョウゲンボウ | トップページ | ランカウイ島探鳥 »