« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

大分~屋久島の旅-6最終日

7月24日最終日 屋久島の伊丹便は12::00発なので今日は空港近くで蝶探しです。 朝食前にペンション付近を散歩するとイソヒヨドリを見つけました。 久し振りの野鳥でちょっと嬉しい気分です。

↓イソヒヨドリ

Img_12201

Img_12531

↓ペンション

Img_12821

↓お花に蝶が来ないかなぁ?

Img_12061

↓ツマグロヒョウモンだけでした。

Img_12761

↓朝食は7時から。

Img_12731

↓宮之浦にある屋久島総合自然公園の植物園なら蝶がいるかも? 

P11103251

P11103291

続きを読む " 大分~屋久島の旅-6最終日"

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

大分~屋久島の旅-5ヤクスギランド

ランチは尾の間の高台にあるいわさきホテルでした。  実はこのホテルかJRホテルにしようか迷った宿なんです。 それでランチだけでもと訪れました。  レストランの窓からモッチョム岳の眺望が素晴らしいです。 ランチ後はヤクスギランドへ。

↓いわさきホテルから見たモッチョム岳

Img_11101_2

↓安房から山道に入り約40分でヤクスギランドへ。  入口にいたヤクシカ

Img_11151_2

↓深い森に整備された木道を歩きます。 私達は1時間コースでした。

Img_11221_2

Img_11321

Img_11421

Img_11451

P11102661

標高1000mで下界よりは涼しげでした。 屋久杉の巨木が次々にあり見るものを圧倒します。 

↓ヤクスギランドから車で15分 道路傍にある紀元杉です。

Img_11671

続きを読む "大分~屋久島の旅-5ヤクスギランド"

| | コメント (2)

2013年7月28日 (日)

大分~屋久島の旅-4島内観光

7月23日 昨夜ウミガメ観察から帰ったら温泉はクローズで入れなかったので、朝風呂に入りました。  8時という時間は誰もいなくて又ここでも独り占めでした。 海が見える露天風呂は素晴らしいのに加えて泉質が驚く程ツルツルして、こんなに良い温泉は久し振りでした。 評判通り素晴らしい温泉でした。 朝食バイキングを食べてから島内を観光です。

↓JRホテル屋久島の温泉

Img_08541

↓平内海中温泉 干潮の前後5時間ぐらいが入浴出来ます。 着替えるところもオープンでしかも混浴です。

Img_08851

Img_09001

↓私は足だけ入りました。 後ろは青年達が服を脱いでいます。 それとは知らず振り返ったら・・・・・あぁぁぁぁ・・・・ ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

P11101881

主人が青年達に頼まれて写真撮影。  「すみませ~ん。 皆整列してから撮って下さい」 「あはははは  それじゃ珍列を撮りましょうか?」 なんか言ってバカウケしてました。  変なおじさんです。(;;;´Д`)


↓ウミガメ産卵場所の栗生浜

Img_09241

↓昨夜私達が見たウミガメの産卵場所は指さした所でした。 この小さな浜で90ヶ所も産卵したそうです。

Img_09291

↓大川の滝 高さ88mから流れ落ちる光景は大迫力です。

Img_09391

↓滝そばにいたアマミウラナミシジミ

Img_09551

 

続きを読む "大分~屋久島の旅-4島内観光"

| | コメント (2)

2013年7月27日 (土)

大分~屋久島の旅-3ウミガメ

今夜はJRホテル屋久島に宿泊します。 ネット検索すると景色が良く、海とモッチョム岳が見えるロケーションそれと温泉が素晴らしいそうです。  主人が誕生日と言うと眺めの良いお部屋と飲み物(生ビールをチョイス)のサービスがありました。(o^-^o)  ジパング会員証で割引、それにJALの特約店でマイルが2倍もらえます。 ネ! お得でしょう?

↓海の傍にあるJRホテル屋久島

Img_08431

↓お部屋は広いです。

P11101201

↓窓から海とモッチョム岳が見えるお部屋

P11101211

↓モッチョム岳

P11101151

↓ディナーの一部  お味? (つ´∀`)つ マァマァ というところでした。

Img_08201

↓ヒレステーキ ひと切れ食べて・・撮影  最後はコーヒーとデザート

Img_08251

↓今夜は満月  明るいのでウミガメ観察に適しています。

Img_08361

夜はウミガメ産卵ツアー グリーンメッセンジャー屋久島 46-2620 に頼みました。

ホテルに20:00ピックアップ 栗生浜でウミガメを観察します。 満月で明るく観察するには最適でした。 ガイドさんが孵化したてのウミガメの頭を見つけてくれたので出てくるのを待ちました。 それが・・・待てど暮らせどなかなか地上に出てきません。 ちょっと動くと「動いたぁ!」 と期待してもそれっきり動きません。 9時から11時ぐらいまで見守りやっとやっと2個体目が先に動きだして海に向かって歩き始めました。 小さいのに歩くのは早い~! 白い波を目指して歩くので陸の方に灯りは付けないようにと注意がありました。 波打ち際までやっとたどり着き、波にさらわれた時は感動ものでした。 皆良かったねと安堵。 1個体目も動いたかと見に行くと、まだ変化はありません。 どうしたのでしょうか? このまま動かないのか心配です。 ガイドさんが3個体目の元気な子を傍に置くとやっとスイッチが入ったのか全身が出てきました。 皆の顔に笑顔が!!! しかしこの子は鈍な子で真っ直ぐ歩かないし、窪みにはまり動かなかったり、ハラハラさせられます。 やっと波打ち際に来て波に浮かんで「さよなら元気にね!」とお別れしたのに・・・あれあれ又砂浜に戻されてきました。 これを繰り返し最後まで心配させる子で終いにひっくり返ってしまい動けません。 波が再々来てもこの状態。 ガイドさんが起こしてやっと波に乗って旅立ちました。 一同顔を見合わせ「良かったね~」とニコニコ(*^^*)。  ウミガメも個体差があるのですね。 12時頃皆は帰られましたが私達はウミガメの産卵を見る為残りました。  しばらく座って待つと波打ち際で岩が動いたと思ったらウミガメでしたぁ。ヽ(´Д`;)ノ  産卵場所を探してウロウロ。 やっとお気に入りの場所を見つけて産卵です。 ガイドさんの指示に従って後ろから産卵を観察。 ウミガメは産卵後砂を足で払い穴を埋めます。 かなり沢山の砂を飛ばします。 ウミガメの砂飛ばしに混じっていた石が離れて見ていた主人の足の踝に当たり「痛っ☆⌒(>。≪)」 こんなこともあるのでご注意を!  

続きを読む "大分~屋久島の旅-3ウミガメ"

| | コメント (2)

2013年7月26日 (金)

大分~屋久島の旅-2白谷雲水峡

7月22日 大分の杵築から特急ソニックで博多へ。 地下鉄に乗り換えて福岡空港へ。 私は福岡に降りたのは始めてですが素通りで屋久島へ行くことに。 小さなプロペラ機で桜島を通過の時にキャビンアテンダントさんと親しくなり、よく見える席にどうぞと案内してもらいました。

↓杵築駅に飛んできたゴマダラチョウ

Img_07311

↓特急ソニック

Img_07351_2

↓桜島

P11100881

↓屋久島でレンタカーを3日間借りました。 屋久島空港レンタカーNAVI 0997-43-5068  そこで撮ったツマグロヒョウモン

Img_07401

↓白谷雲水峡でミニハイク

Img_07441

Img_07711_2

P11101101

続きを読む "大分~屋久島の旅-2白谷雲水峡"

| | コメント (4)

2013年7月25日 (木)

大分~屋久島の旅-1

大分へ帰省の延長で温泉というのが常ですが、今回はJALマイルの無料航空券を使い  伊丹→大分→福岡→屋久島→伊丹 3回飛行機を使用。 

7月21日

主人は同窓生と飲み会があるので私は甥っ子に九重高原へ連れて行ってもらいました。

↓大好きな長者原のタテ原湿原は25°と涼しかったです。

Img_05471

↓ノハナショウブ、ヒゴタイ、キセルアザミなどが咲いていました。

Img_05611

↓カラスアゲハ

Img_05781

↓ウラギンヒョウモン

Img_05411

Img_06031

↓木道に野鳥が!!!

Img_06441

↓何の雛でしょうか?         (ホオジロの雛だそうです。)

Img_06581

↓ヒゴタイ

Img_06701

↓散策後近くにある星生ホテルへ移動 日帰り温泉は10時から800円 三俣山を見ながら入る露天風呂は4種の泉質が異なる温泉で岩風呂、打たせ湯、ジャグジーなどがありました。 10時に入ったのでこの景色と温泉を独り占めでした。

Img_06841

↓硫黄の匂いがします。

Img_06881

 

続きを読む "大分~屋久島の旅-1"

| | コメント (4)

2013年7月19日 (金)

サンコウチョウの水浴び

最近私のブログは蝶ばかりでブログ名を変えたほうがいいんじゃない? と言われそうなのでここで野鳥記事を一つ掲載します。 先日蝶を追いかけていたら偶然サンコウチョウの水浴びを見ることが出来ました。 これって滅多にないことで、ドキドキというよりバクバクものでした。 将来こんな凄いチャンスはないかもしれないお宝画像です。 (v^ー゜)

↓ドボ~ン

Dsc_16531

↓あれ? 潜っただけで・・・

Dsc_16541

↓もう飛び上がりました。

Dsc_16551

Dsc_16631

Dsc_16661

続きを読む "サンコウチョウの水浴び"

| | コメント (17)

2013年7月 6日 (土)

魅力的なゼフィルスの虜に・・・ウラクロシジミ♂の翅表

7月2日 ウラクロシジミ♂が飛ぶ姿はパールのような輝きで魅力的です。 そう・・・飛ぶ真珠なんです。 暗い森の中でもキラキラ、チラチラと卍飛翔はとても綺麗です。

↓ウラクロシジミ

Dsc_18311

↓翅が次第に開きましたぁ。  ふふふ・・・♂ だぁぁぁ。(o^-^o)

Dsc_23131_2


Dsc_23271

Dsc_23551

続きを読む "魅力的なゼフィルスの虜に・・・ウラクロシジミ♂の翅表"

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

魅力的なゼフィルスの虜に・・・ジョウザンミドリシジミ♀

7月2日 ジョウザンミドリシジミの♀が地面に降りて吸水を始めました。 そうなると近くに寄っても逃げません。 ミドリシジミ類は♂が綺麗なのでつい優先的に撮って後で気がついたら♀の画像がなかった事が多いので今回は♀を狙いました。   図鑑で穴を空くほど見ていますがこれがジョウザンなのかエゾなのか?・・・迷いましたがジョウザンとしましたが間違っていたらご指摘下さいませ。  う~~~ん 難しいです(ノд・。)

↓♀

Dsc_1879

Dsc_1975

Dsc_19781

↓栗のお花を吸蜜    上とは別場所です。

Dsc_2859

Dsc_27831

↓半開で~す。(*^^*)

Dsc_2826







続きを読む "魅力的なゼフィルスの虜に・・・ジョウザンミドリシジミ♀"

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

魅力的なゼフィルスの虜に・・・メスアカミドリシジミ♀

7月2日 前回見れなかったメスアカミドリシジミの♀ですが、この日はいましたよ~。  翅裏からでも翅表のオレンジ斑がわかります。  しかし♀の全開は見れませんでした。

↓メスアカミドリシジミ♀

Dsc_20901


Dsc_21261

↓メスアカミドリシジミ♂  地面に降りて吸水中の金緑色に輝く♂です。

Dsc_1800

↓かなり傷んでいます。

Dsc_1803

続きを読む "魅力的なゼフィルスの虜に・・・メスアカミドリシジミ♀"

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

魅力的なゼフィルスの虜に・・・ウスイロオナガシジミ

7月2日 前日ウスイロオナガシジミが出たというので出掛けてきました。  友人が2ヶ所目のポイントでウスイロオナガシジミを見つけて下さり即ゲット! 関西ではなかなか出会わない蝶らしいです。

↓ウスイロオナガシジミ

Dsc_24271

Dsc_24272

こちらはウスイロオナガシジミと少し似ているミズイロオナガシジミです。

↓ミズイロオナガシジミ  この蝶は今年地元で多数見かけました。

Dsc_17191

続きを読む "魅力的なゼフィルスの虜に・・・ウスイロオナガシジミ"

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

魅力的なゼフィルスの虜に・・・ジョウザンミドリシジミ

このお山はゼフィルスが何種いるかわからないほど凄い所でした。 極秘でなかったら皆様に見て欲しい所ですが、捕獲者が沢山押しかけて乱獲されてしまう危険があります。 このような蝶の楽園を大事にしたいと願っております。  ジョウザンミドリシジミは数は少ないですが撮れてました。

↓♂                                            6月27日

Dsc_04721_2


Dsc_04371

↓栗のお花で吸蜜の♂                              6月25日

Dsc_93571



続きを読む "魅力的なゼフィルスの虜に・・・ジョウザンミドリシジミ"

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

魅力的なゼフィルスの虜に・・・メスアカミドリシジミ

25日にお山で見たゼフは大先輩でも「3年に1度ぐらいの幸運!」と言われるほど凄かったので、27日お天気が良いので再度出かけました。 この日一番沢山見たのは初見のメスアカミドリシジミでした。  これって凄いでしょう?  ちらっと見たのでなく,もう~撮り放題という贅さ!!!  しかも至近距離で! w(゚o゚)w    

↓♂  メスアカミドリシジミの輝きは遠くでも目立ち美しいです。

Dsc_10181

↓翅裏

Dsc_13341

Dsc_13671


Dsc_13251


Dsc_13391

Dsc_14021

続きを読む "魅力的なゼフィルスの虜に・・・メスアカミドリシジミ"

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »