« 台湾探鳥ー3ハチクマ | トップページ | 台湾探鳥ー5 »

2016年5月 9日 (月)

台湾探鳥ー4

ハチクマ撮影後付近で見たのはアオハウチワドリ、アジアハウチワドリ、ツツドリ、シロガシラ、カンムリワシ。

↓アオハウチワドリ

Dsc_00462_2

↓アジアハウチワドリ

Dsc_00372_2


地元の親切な方の案内でクロエリヒタキの営巣地へ。 巣をちらっと見てから付近を探鳥。

↓クロヒヨドリ

Dsc_58402

↓ヒメマルハシ

Dsc_58802

Dsc_59482

↓クロエリヒタキ♂

Dsc_59802_2

Dsc_5983kuro

この日ご一緒したNさんを嘉義の駅まで送りに行くと、駅そばでベニバトを見つけました。

↓ベニバト

Dsc_6032benibato

昼食は七面鳥料理のお店火雉肉飯で

Img_2_m

↓ガイドさんがグルメなので美味しいお店にお連れて下さるから、嬉しいです。

Dsc021751

↓青豆湯 これは冷たく、ほんのり甘くて美味しいデザート(*^_^*)

Dsc02172

|

« 台湾探鳥ー3ハチクマ | トップページ | 台湾探鳥ー5 »

台湾探鳥2016年4月」カテゴリの記事

コメント

私は愛媛県松山に住むもので、1992年まで東京におり、松山に移ったのち、2005年に退職し、その後10年ほど船釣りを楽しんできました。
今年の4月にHP『エッセー:愛媛の漁村で船釣りを楽しむ―私の第三ステージ』http://www7b.biglobe.ne.jp/~friedeundfreiheit/を掲載しましたが、これまで釣りに夢中で写真を撮らず、画像のほとんどない殺風景なものになりました。現在、他の方の画像をお借りするなどしてビジュアル化を図っているところです。
HPの第二部「愛媛・由良半島の自然と宇和海の漁村での生活」の トップページの一か所に まちこさんの 写真を一枚借用して載せたいのです。
第二部第1章では野鳥がテーマ(といっても、私の日常経験や思い付きを書いただけですが)で、そこでの写真はすべてWikipediaからの転載です。今回見直していて、第二部のトップページにも、メジロの写真を入れたいと思いました。
そこでは村と海の景色について概説し、また「野鳥の天国」であり、「村鳥」がメジロである(あった)ことについてふれています。Wikipediaの写真はメジロがわかるだけで背景が面白くありません。
web検索で多くの写真を見ていてまちこさんの写真が写真として断然すばらしく、また河津ざくらの背景と調和していて美しく、ぜひお借りしたいと思います。駄文を綴っただけの「エッセー」の中にサイズを縮小して載せることについては申し訳ないと思いますが(写真が大きいと文が負けてしまいます)、お許しいただきたいと思います。

このメジロの写真を見た後で他の記事を見せていただいたのですが、国内各地を旅行しておられるだけでなく世界中を回って、野鳥の他に様々な生物、植物、さらに様々な風景なども撮影しておられます。フィリピンメジロの写真などはハッとするほどきれいでしばらく見つめました。人が歩いているすぐそばでゴシキドリが木を突いている写真には、鳥の美しさもさることながら、こんなに近くで!と驚かされます。すばらしい写真の「メジロ押し」でPCの前からしばらくの間離れることができませんでした。
まちこさん(ご夫婦)は旅行が大変お好きなようですが、これだけの映像があれば、実際に行ってみなくても、いや、見るべきところを集中的に見せていただいて、節穴のまま自分で旅行するよりもずっとすごい旅行ができると、感じます。これからも楽しませていただこうと思います。
写真の転載について不都合があればメールをいただきたいと思います。

投稿: 須藤自由児(本名です) | 2016年11月28日 (月) 14時29分

須藤さま はじめまして
HPを見せて頂きましたが由良半島や釣りなどすごく詳しくて
読み応えがありました。
私の写真でよければどうぞお使い下さい。
お役に立てれば嬉しいです。

最近はこのブログを更新せず申し訳ありせん。
Facebookで松村万知子と検索していただくと最新を載せております。

投稿: まちちこ | 2016年11月28日 (月) 19時04分

昨日お会いしたものです。
頂いた名刺にはメールアドレスが記載されていませんでした。
若の写真添付しますのでメールをくだされば添付いたします。

投稿: さわやか | 2016年12月 7日 (水) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾探鳥ー3ハチクマ | トップページ | 台湾探鳥ー5 »