カテゴリー「ボルネオ(ダナンバレー)探鳥」の記事

2009年11月 4日 (水)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー9

ラハダトゥ空港は小さな可愛い空港です。

A00877

空港の玄関

A00876

右奥にカウンター 左に荷物検査 ガラス窓の奥が滑走路 小さい空港は移動をしなくてよいから楽です。

A00896

滑走路の横にアマサギが数羽

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ラハダトゥ空港発14:40 → コタキナバル空港着15:35 

コタキナバル空港では待ち時間が3時間半もありました。 空港の建物から外を見ていたら下の花壇にキバラタイヨウチョウを見つけました。  さっそく二人は下に降りて、可愛いキバラタイヨウチョウの幼鳥を至近距離で手持ちで沢山撮る事ができました。  今回の旅で条件良く鳥を撮れたのはこの時だけでした。   ダナンバレーは写真を綺麗に撮れなかったけれど面白さでは最高でした。

A9903

A9772

A9832

キバラタイヨウチョウ幼鳥 可愛いです(*^_^*)

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー9"

| | コメント (4)

2009年11月 3日 (火)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー8

3月10日 とうとうダナンバレー最終日となりました。 今朝も霧が深く熱帯雨林のキャノピーウォークは視界がよくありません。 そのかわり霧はとても神秘的な効果があり素晴らしかったです。 全長150mの三分の一のところに細い直角梯子があり降りなければいけません。 外人女性が小刻みに震えて降りるのを見ました。~(°°;)))オロオロ(((;°°)~  私は高いとか梯子とか普通は平気なのですが、太いリュックとカメラを首にかけてでは勝手が違います。  カメラがジャマなのと、横滑りに利き足でない足から梯子に乗る時が一番怖かったのです。(;;;´Д`)ゝ   イスナディルも三脚とスコープを持ってかなり大変そうでした。  大砲レンズの人はとても無理でしょうね。

A00851

A867 

A00865

キャノピーからはコシラヒゲカンムリアマツバメとコノハドリだけ。鳥のウェーブもありませんでした。 ガッカリ・・・  しかし しかし キャノピーを降りてすぐイスナディルが呼ぶのです。 ズアオヤイロ♂♀がいるらしいです。  いえ いたのです!!!   暗い中よく見るとズアオが歩いています。 嬉しい~~~♪  これでヤイロは3種ゲットです。 撮り終えてから画像を見るとなんとか映っていました。 傍にやってきたオーストラリアのツアーリーダーのDavidに画像を見せると「素晴らしい!」と言って抱きしめられました。  彼は2週間滞在しているのにズアオヤイロは撮れてないそうです。   私達はめちゃラッキーでした。      イスナディルありがとう!!!

A9466

ズアオヤイロチョウ♂

ルンルンでロッジに戻る途中遠くでムネアカハチクイ、ロッジ付近でカニクイザル、シカ、マレーシアヒメアオヒタキ、オレンジハナドリを見てイスナディルのガイドのお仕事は終了となりました。 「ボルネオのNO1ガイド!」と言ったら「いやNO2」と言ってました。 「そんじゃNO1はアンドリュウ?」と聞いたらイエスとのこと。やはりそうですか。でもヤイロを3種も見せてくれて私達にとって彼はNO1でしたよ! ありがとう イスナディル  

A9499

ムネアカハチクイ

Mさんがシャワーを浴びている間に私はロッジ付近で最後の探鳥。 水浴び場を見つけたらムナオビオウギビタキ、ムナフコウライウグイス、コクモカリドリ、コシアカモリチメドリがやって来ました。あ~~~ん もっと早くこの場所を見つけていたらよかったのに・・・残念でなりません。  私もシャワーを浴びにお部屋に戻り、帰り支度をしなければいけないので泣く泣くその場を離れました。 

A9578

ムナフコウライウグイス

A9586  

 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー8"

| | コメント (4)

2009年11月 2日 (月)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー7

3月9日 今日も5時半にレストランで朝食。 車で遠いトレイルまで送迎をしてもらいました。  今朝は霧が深くて鳥がなかなか出てきませんがキバラサイホウチョウ、ノドグロサイホウチョウは出ても動きが速く難しい。 徐々に霧が晴れて空にはチャイロカッコウハヤブサ、サイチョウが飛ぶのが見えました。  昨日見たムラサキヤイロの声がして姿が見れましたが枝の隙間で写真にならず。  次にバライロキヌバネドリの♂が出たけれど、これまた暗い上に枝だらけ。 ミヤマヒメアオヒタキ♀、オウチュウカッコウ、クリイロバンケンモキ、ルリイロヒメカッコウ、ムジサイチョウ、カザリオウチュウそれにクビワヒロハシがいたけれど悲しいかな300mmでは無理な距離でした。送迎車が来て午前の探鳥は終了となりました。

A00834

A8914

キバラサイホウチョウ

A9042_2

ミヤマヒメアオヒタキ♀

A_8974

オウチュウカッコウ

3時午後の探鳥開始。 まだ歩いていなかった川沿いのトレイルを進むが鳥はまったくいないのです。 イスナディルが雨が降ると言ったとおり途中から雷と激しい雨になり、レインコートを着て黙々と早足でロッジに急ぎました。 昨日に運は使い果たしたようです。 (ノ_-。)    ガッカリしてお部屋に帰りました。  ところがベランダにいると小鳥が入れ替わり立ち代りやってきて面白いのです。  コシアカキジ♂♀も近くを歩くのです。  ベランダから写真が撮れたのはコクモカリドリキミミクモカリドリキゴシタイヨウチョウ、ムネアカハナドリモドキ、オレンジハナドリ、ルリノドハチクイ。    雨でも探鳥出来るすばらしいお部屋でした。

A9392

コシアカキジ

A9163

コクモカリドリ

A9177

キミミクモカリドリ

A9316

キゴシタイヨウチョウ

A9246

オレンジハナドリ

A000817

テラスから探鳥

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー7"

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー6

午後の探鳥は3時からです。  私は割れた三脚座とテレコンをはずし1脚か手持ち撮影に切り替えました。 機材が軽くなったので若いイスナディルの早い歩調に合わせるのも楽になりました。 (鳥がいないと早く歩くのです。)   先ずカワセミのポイントに着くと彼はアオムネカワセミだ!!!と興奮していましたがすでに対岸に飛んでしまい私達は見ることが出来ませんでした。  これは見たかったカワセミです。 ザンネン・・・(ノ_-。)   急に雨が降り急いでロッジに戻るとレストラン下の芝生に大きなヒゲイノシシがのんびり歩いていました。  雨が止み再び探鳥開始です。 虫が大好きなMさんがパンフに載っていた巨大ダンゴ虫を見つけるなんてさすがです。 Mさんが手に乗せるとダンゴ虫は丸くなりました。 私?触れませ~ん(*´σー`)

A8761

ヒゲイノシシ

A8774

ネッタイタマヤスデ(ダンゴムシ) 丸くなったところ

泥道の車道を歩くと「ヤイロチョウの声がする!!!」  彼がI-Podで鳴き声を流すとそれに反応してヤイロが木にとまったのです。  きゃ~~~ヤイロだぁぁぁ   こんなに早く出るなんて思いもしなかったので心の準備が出来てない。   とまった場所はめちゃ暗く露出補正も出来ていないけれど、まず撮らなくては~ と焦ったのでズグロヤイロチョウはこんな情けないブレ画像でした。(ρ_;)

A8781

ズグロヤイロチョウ 色が地味なので見つけにくいヤイロだそうです

またまた大喜びの二人でしたが、興奮冷めやらぬのに今度は道の反対側でムラサキヤイロがいると言う。 え~~~っムラサキヤイロチョウ???  うっそ~???  もう心臓バクバク・・・です。  彼は口笛をやさしく吹くと道路傍の木の下を移動している赤い鳥!!  枝の隙間から見えるヤイロを二人は息を殺して撮影。  暗い中でも赤い色と輝く青い羽はなんという美しさなのでしょう! 幸せです。。。  ありがとう~イスナディル!!! 

A8841

ムラサキヤイロチョウ                                 レンズ300mm F4 露出+0.3 ISO 2000                   

午後の探鳥が終わりレストラン前の川を見ると、遠い木にコウハシショウビン、対岸の高い木にクリイロリーフモンキー親子がいました。

A8878

コウハシショウビン  300mmでは豆粒です

お部屋に戻りシャワーを浴びようとズボンを脱ぐと何かが落ちた。 ぎゃ~~~~~~~それは まるまる太ったヒルだった!!! Mさんはつぶして捨てようとしたらしく、血があちこちピューピュー飛び散った。 大変だぁ。 二人は壁や服やバックに着いた血の拭き掃除をした。私はヒル初体験だったがMさんはフレーザーズヒルで体験済みなので冷静にお薬を塗ってバンドエイドを貼ってくれた。 シャワールームでブラウスを脱ぐと又ポトンとヒルが落ちた。 今度は胸の下。 痛くも痒くもないが、ヒルに刺されたままここまで歩いていたと思うと、めちゃ気持ち悪い。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 今思い返すとヤイロがいた場所にヒルがいたのです。 今日は鳥運は最高でしたが、ヒル運?まであったなんですごい1日でした。

A00810

 私の血を吸ったヒル (≧ヘ≦)

A8788

  ヤイロの場所にいたヒル  足元は長靴&ヒルよけスプレーで安心ですが、服に付いたり上から落ちてくるとは想定外でした。

 

 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー6"

| | コメント (2)

2009年10月31日 (土)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー5

ランチバイキングを食べてからロッジ周辺を歩くと ズアカサイホウチョウ、ムナオビオウギビタキ、アカメヒヨ、リュウキュウツバメがいました。 レストランの前の川傍のデッキから双眼鏡で見るとルリノドハチクイ♂♀が木にとまっていましたが、下に飛んだら見失いました。 すると突然地面の穴から飛び出してきました。 こんな穴で営巣するんですね。 日本人の新婚さんと話をしていたら、鳥が川向こうから鳴きながら飛んできて木にとまったので、急いで写すとヒメカッコウでした。A8681

ズアカサイホウチョウ 渡り廊下をチョロチョロしています

Aaa8582

ムナオビオウギビタキ

A8719

アカメヒヨ

A_8618

リュウキュウツバメ

A8641

ルリノドハチクイ

A8646

この穴に出入りしていました。  

 A8671

ヒメカッコウ♂  なんとか映っていましたぁ。

渡り廊下もチェックです。

R7942

渡り廊下の下にいたトカゲ

R00804

ボルネオトカゲ

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー5"

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー4

3月8日  5時半薄暗い中レストランに行くと誰もいません。スタッフ さんに声をかけ朝食を作ってもらいました。 6時半から探鳥開始です。  今朝は霧で鳥は1時間近く出てきません。 泥道をゆっくり歩いて行くとやっとエンビシキチョウを見つけてからはミノゲチメドリ、アオメモリチメドリ、クロカケスが出ました。 ほっと一息つくと 赤い鳥! バラエリキヌバネドリ♀が飛び出しました。 あっと見とれていたら飛んで木にとまり慌ててシャッターを押したが枝かぶり。 でもでも嬉しいTrogonちゃん~~~♪ 今日はツイテルかも~~~ (*^_^*)  ルンルンで進むと今度はジャングルの白い妖精カワリサンコウチョウがいるとイスナディルが言うではありませんか! いたいた・・・いましたぁ  ホイホイホイと鳴いています。 飛ぶと長くて白い尾がふわり~ふわり~~~ ナント優雅なんでしょう  胸キュンです。 大喜びの二人を見てイスナディルも笑っています。 (o^-^o)  

A8261

エンビシキチョウ

Aaa8284

バラエリキヌバネドリ♀

Aa_8306

カワリサンコウチョウ♂

Aa8333

カワリサンコウチョウ♂   ホイホイホイ~~~♪

クリイロバンケンモドキ、シラガシキチョウ、ムジサイチョウなど。遠くの高い木にミナミカンムリワシが営巣していて度々飛翔。

A8449

カオグロクマタカ→ミナミカンムリワシに訂正

横道にそれて行くとエビチャゲラ、坂を登って行くとイスナディルが自慢げにレーザーポイントで示したところを見ると・・・わお~~~Banded だぁぁぁぁぁ しかし高くて暗くて難しい。 取りあえず証拠写真を何枚か撮り、位置を変えても背中を撮るのは無理。 そうだ それならイスナディルのスコープで♂をじっくり見たいと歩いたら、突然カメラが・・・・・・・・ドスンと倒れてしまった。 慌てて三脚を起こしカメラを点検するとエラーが出る  あぁ~~~困った どうしよう? こんな時にかぎってヒメアオヒタキ、それに撮りたかったセイランが近くを歩いている。 情けないです。 一息ついてよく見ると三脚座が割れている。 カメラを三脚から外すとシャッターが下りた。 ひとまず大丈夫そうだ。 よかつたぁ。。。 

A8492

カザリショウビン♂  最初の1枚  ブレても嬉しい(*^_^*)

Aaa8503

カザリショウビン♂  

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー4"

| | コメント (6)

2009年10月29日 (木)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー3

約束の3時にガイドのイスナディルと会いました。 イスナディルは田仲さんとRICKさん達が一押しの優秀な方で予約が難しいそうです。ロッジには無料のガイドはいるのですが、他の人たちと一緒なので私達はプライベートで鳥専門ガイドを別料金でお願いしました。 若い彼はまずどんな鳥が見たいかを聞き、それに応えようと一生懸命に捜してくれました。  私は長靴にヒルよけスプレーをたっぷりかけ長袖長ズボン帽子双眼鏡をぶら下げカメラ&三脚というスタイル。 日本人ですね~。 欧米人はタンクトップや半袖半ズボン姿の人もいます。 日焼けや虫対策はいいのか心配ですね。 あちらからは日本人スタイルが可笑しいのかもしれません・ヽ(*^-^)    いよいよ森に出発です。 イスナディルの後を鳥を捜しながら進みますがなかなか鳥がいません。  あっ小鳥! 見るとコサメビタキです。 ちょっぴり懐かしい感じ・・・ 以後ここを通るたびに見かける可愛い子です。  コアカメチャイロヒヨ、キゴシタイヨウチョウミカドバトが出たぐらいでした。  高い木に赤いクリイロリーフモンキーの親子を見てロッジに帰りました。  ヤイロは鳴いていたのですが見れず明日に期待となりました。

A8798

コサメビタキ

R8096

キゴシタイヨウチョウ

R_8104

ミカドバト

Kuri8113

クリイロリーフモンキー

イスナディルと別れロッジの渡り廊下を歩いていると木にキミミクモカリドリ、地面にコシアカキジ♂♀が歩いていました。

R8044

キミミクモカリドリ

Rr8228

コシアカキジ♂

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー3"

| | コメント (2)

2009年10月28日 (水)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー2

3月7日 早朝5時からレストランで朝食を済ませ送迎車で空港に行きました。  7時発の小型プロペラ機でラハダトゥ空港には8時前に到着。  途中窓からは雄大なキナバル山やパームヤシのプランテーションが見えました。  すると突然「コケコッコー~~~♪」と機内からニワトリの声が・・・これには思わず笑ってしまいました。 なんとローカルで微笑ましいことでしょう

R00770

コタキナバル空港から小型プロペラ機に乗る

R0790

機内の窓から見るキナバル山 

空港から送迎車でボルネオ・レインフォレストロッジの事務所で手続き後出発時間まで付近を探鳥。  ギンパラのラブラブシーンや巣を見つけたり、キバラタイヨウチョウを見て出発の時間となり、9時半に4Wに乗り込みロッジまでの苛酷なドライブが始まりました。  アスファルトは最初だけで後は熱帯雨林の泥道の悪路がず~~~~~と続くのです。  3時間後やっと・・・ロッジに到着。 ふぅ~~~  くたびれましたぁ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

R_7937

ギンパラ  沢山いました

R9537

ロッジに着くと葉っぱのレイと冷たいオシボリとウエルカムドリンクを飲み、渡り廊下で繋がっているコテージに案内された。 私はスタンダードを予約したのに案内されたお部屋は露天風呂付だった。  もしやと「デラックスルーム?」と聞くと「イエス」とにこやかな笑顔で答える。   わぁ~~~い ラッキー♪

R0800

左にトイレとシャワールムがありテラスに露天風呂あるコテージ 

T0805

渡り廊下 奥の右の建物にレストランがある

渡り廊下を進みレストランに行くと豪華なバイキング形式でした。 椅子に座るとスタッフさんがにこやかな笑顔で迎えてくれました。 デザートも種類が多く満足でした。 食後ロッジ周辺で探鳥。  ランチを食べながら見て気になっていたツバメはコシラヒゲカンムリアマツバメで木に長い間とまっていました。 スタッフさんが「サルがいるよ」と言うので行ってみると、ボルネオテナガザルが木にいました。 それにカメレオン(モリドラゴン)がトレイル傍の木の幹にじっとしていました。あまりに近いので下がって撮影。 

R7994

コシラヒゲカンムリアマツバメ

R8031

ボルネオテナガザル

 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥ー2"

| | コメント (4)

2009年10月27日 (火)

ボルネオ(ダナンバレー)探鳥

2009年3月6日~11日 コタキナバル1泊 ダナンバレー3泊  ジスコ・ボルネオ旅行社の田仲謙介さんに3月上旬、ロッジと優秀なガイドさんの両方の都合が良い日で日程を組んでいただきました。     そしてRICKさんの探鳥記を丹念に読むと、ヒルが多いことが解り、日本野鳥の会で携帯長靴を、好日山荘でヒルよけスプレーを購入。 田仲さんから丁寧な日程表が送られてきて、後は出発の日を待つばかりとなりました。 (田仲さんは現在ワイバードのバードガイドさんです) 今回も隣のMさんと二人旅です。

3月6日 マレーシア航空airplane 関空発11:10→コタキナバル16:00着   送迎車でシャングリラホテルに到着。  荷物を置き急いでタクシーに乗りタンジュン・アル・ビーチに向かいました。 車を降りるとすぐシロハラクイナがいたので大慌てでカメラをセットするも間に合わず隠れてしまいました。 公園を歩くと目的の緑色のコオオハナインコモドキはすぐに見つかりました。  テリカラスモドキ、メグロヒヨ、シキチョウ、ブッポウソウ、ナンヨウショウビンなどがいましたが、夕方薄暗くなり撮影は終了。 海を見ると夕焼けに染まる空と海が美しく階段に座って陽が落ちるまで眺めて楽しみました。  その後タクシーでセドコに行き前回と同じツインスカイで美味しいサバベジ(野菜炒め) 脱皮した柔らかい蟹のから揚げ ビーフン そしてビールで乾杯 beer   セドコからシャングリラホテルは近いので歩きました。

Oohana7771

コオオハナインコモドキ

Oohana7841

コオオハナインコモドキ

Midori7848

テリカラスモドキ

Meguro7854

メグロヒヨ

A1000717

タンジュン・アル・ビーチ公園  ここからはコンデジ撮影です

A1000727

A1000730_2 

続きを読む "ボルネオ(ダナンバレー)探鳥"

| | コメント (6)