カテゴリー「ケアンズ探鳥2003年」の記事

2009年11月12日 (木)

ケアンズ探鳥(2003年)-4

10月25日 今日は英語ツアー(日本語ツアーより安い)で南部のアサートン高原方面を廻ります。  出発時間まで朝の干潟を観察。 8時過ぎホテルでピックアップしてもらいバスに乗り込むと国籍もバラバラな人たち20人が乗っていました。  早い英語でチンプンカンプンですが、唯一牛を見て「ステーキ! ミルク!」と言うのだけは笑えました。(o^-^o)  バリン湖に着いてまずデッキで美味しいスコーンとコーヒーが出ました。   青くて透明な美しい湖を舟で1周しますが、野鳥を脅かさないようにエンジン音は小さくスローでのんびり進みました。 ペリカン、ネッタイバン、オオバン、サギ類、シロハラコビトウなどがいました。 あまりに素晴らしく・・・ずーと乗っていたかったです。 船着場に着くと人慣れしたリュウキュウガモがお出迎え。 湖を廻る遊歩道があり時間があればのんびり探鳥してもよさそうです。

A062

バリン湖

A063

クルーズ

A064

A067

又車に乗り紫色のジャカランダの木を見ながら絞め殺しのいちじくの大木を見て、マランダの町の古くてお洒落なビストロでランチとなりました。  その後ミラミラ滝へ。 外人さんはどんな所でも泳ぎます。 二人は集合時間まで探鳥。  

A068

A069

A073

 

次に行ったのは有名なパロネラパークでした。 スペインからやって来た移民ホセ・パロネラが築き育んだ夢の城・パロネラパークは、「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われています。

A071

続きを読む "ケアンズ探鳥(2003年)-4"

| | コメント (2)

2009年11月11日 (水)

ケアンズ探鳥(2003年)-3

10月24日 ネットで検索して申し込んだケアンズより北部のケープトリビュレ-ションとディンツリーの観光ツアーに参加しました。 ホテルで7時にピックアップで車に乗ると日本人7人オーストラリア人2人イギリス人2人の計11人,そして英語ガイド(運転手)日本人ガイドでした。 行程はポートダグラス展望台→モスマン渓谷散策→ディンツリー リバークルーズ→ランチ→ケープトリビュレ-ション→アレクサンドラ展望台→ホテル   ディンツリーリバークルーズでは主にワニを捜しました。 大自然の中でボートに乗っていると気持ちよくまさに別世界でした。 ボートを降りて場所を変えてバーベキューランチを頂きましたが、お肉が硬くていくら噛んでも噛み切れません(/□≦、)  こんなの初めてでした。 外人さんは平気?で食べていました。 でもトロピカルフルーツは種類も豊富で美味しかったです。食後川の遊歩道でカワセミや小鳥がいました。

A054

ディンツリー

A055

ワニ

A057

トロピカルフルーツ

A038

ノドジロハチマキミツスイ  遊歩道で観察

次はケープトリビュレ-ション国立公園に移動、そこは青い海と白い砂浜が美しく、散策しようと歩いたら足元にオオトカゲがいてびっくりでした。 

A056

オオトカゲ

英語ガイドのダニエルにお願いして特別に美味しいアイスクリームを食べれる果樹園に寄っていただきました。 4種類のアイスクリームを食べながら果樹園を歩いているとキバタン、キバラタイヨウチョウ、畑ではカササギガンが沢山いてアイスクリームを食べている場合ではありませんでした。 ここに寄ってもらって本当によかったです。 ダニエルに感謝です。

A074_2

A076

カササギガン

A075

カササギガン

A078

シマコキン

海岸沿いをドライブしてモスマン渓谷散策後、おやつのケーキを頂いてからケアンズまでひた走り6時にホテルへ到着。

A050_2

ブッシュターキー  ケーキを食べた場所で歩いていた。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

お部屋に入らずホテル前の海岸の干潟で水鳥と公園の鳥を観察。

なが~~~い1日でした。 満足 満足 (゚ー゚)(。_。)ウンウン 

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

ケアンズ探鳥(2003年)-2

午後 植物園前からケアンズ市内行きのバスbusに乗りエスプラネードの海岸で降りるとそこは水鳥のパラダイス!!!  まず目に付いたのは大型のペリカン、ヘラサギ、クロトキが! シギチは数え切れないほど沢山で、まだ初心者の二人は到底判断つかず。 アジサシやアジアヘビウやミヤコドリもいたので とにかくカメラのシャッターを夢中で押し続けました。 

A003

A008

A015

A010_3

 

A006

A013

薄暗くなったので歩いてケアンズ駅のショッピングセンターに行き、本屋さんでオーストラリアの図鑑を購入して、ぶらぶら歩いているとイタリアンのお店があったのでアウトサイドのテーブルに座り新鮮な生ガキとピッツアとビールbeerを注文。  生ガキは大きくてジューシーでとても美味しかったです。  トレードウインズ・エスプラネード・ホテルは海岸傍にあり窓から干潟が見えてgoodでした。

| | コメント (2)

2009年11月 9日 (月)

ケアンズ探鳥(2003年)ー1

バードウォッチングを始めた2003年の9月のある日、偶然ネットでJALのHPを見ていたら、ケアンズ往復+ホテル+送迎付5日間フリー62000円というのを見つけました。 その時はケアンズが何処なのかさらに鳥の楽園とも知らず、ただただ安いというだけで飛びついてしまったのです。  私と同時期に鳥にハマったお隣のMさんに声を掛けると即OK!とのこと。 残席2なのですぐに申し込みました。  これが海外探鳥デビューの始まりでこれ以降毎年4回もケアンズを訪れることになろうとは、この時点では思いもよらぬ事でした。 この年はカメラはルミックスFZ-1(200万画素)それにパソコンも始めた年でした。 

10月22日 成田夜発 ケアンズは翌23日早朝着。  リュックとポシェットという軽装でケアンズ空港に降り送迎車でオフイスへ、手作りサンドイッチを買い海岸で食べてからタクシーでフレッカー植物園に降り立つと、今まで聞いた事がない鳥の鳴き声にふたりはワクワク・ドキドキ w(゚o゚)w  隣にあるセンテナリーレイクを歩くと上を見ても下を見ても鳥が次から次にいるではありませんか!  二人は夢中で写真を撮りつづけました。 会いたかったワライカワセミも簡単に見つけてしまいました。 気が付けばもうお昼になっていました。 植物園の中にあるレストランでボリュームたっぷりのサラダとビールで乾杯!!!  園内では南国のお花が咲き誇り、美しい蝶がヒラヒラ飛んでいました。 

A018_2

センテナリーレイク

A022

オーストラリアクロトキ

A021

ワライカワセミ

A030

パプアソデグロバト

A039

クロモズガラス

A034

メガネコウライウグイス

A048

キミドリコウライウグイス

A032

イシチドリ

A037  

続きを読む "ケアンズ探鳥(2003年)ー1"

| | コメント (2)