カテゴリー「ボルネオ(キナバル・ポーリン)探鳥」の記事

2009年10月11日 (日)

ボルネオ探鳥ー6

4月6日  朝食を済ませホテル敷地内を探鳥するとメグロヒヨ、キバラタイヨウチョウシキチョウ、ギンパラが多い。 バードウォッチングは7時半からで集合場所に行くと欧米人3人と日本人の親子連れ3人と私達が参加。 集合場所はコアオバトやナンヨウショウビンが遠くで見えたが、ずんずん山を登っても鳥はなぁんにもいません。    とうとう最後まで何も出ず私は思いレンズと三脚を担ぎ ドーーーーーーーと疲れてしまいました。゚゚(´O`)°゚    気を取り直してホテル敷地内を歩くとコアオバトが営巣していたり、鮮やかなお花にギンパラキバラタイヨウチョウがとまり撮影が忙しくなりました。  モリツバメの親子やアマサギなど、ホテル外に出るとメグロヒヨが赤い実を啄ばんでいたりミドリカラスモドキがオレンジ色の実のなる木に沢山やって来ます。   最後はチャノドタイヨウチョウを見て時間となりました。  ラサ・リア・リゾートホテルは食事は高くて美味しくなかったけれど、低地の野鳥が簡単に見れてお勧めのホテルです。

Hato5385

コアオバトの親子

Ki5553

キバラタイヨウチョウ

Ko4912

ギンパラ

Mo5411

モリツバメの親子

Me5899

メグロヒヨ

Mi_6025

ミドリカラスモドキ  

Tya6037

チャノドコバシタイヨウチョウ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

HISの送迎車で空港に着き、クアラルンプールで乗り継ぎ関空には翌朝7時過ぎに到着、楽しいボルネオ探鳥を無事終えました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

続きを読む "ボルネオ探鳥ー6"

| | コメント (6)

2009年10月10日 (土)

ボルネオ探鳥ー5

今朝は軽めの朝食だったのでロッジに戻り昼食を食べようと歩いていたら、 会いたかったアイイロヒタキが木にとまっていて感激です。   やっと会えて頬が緩みました。 (* ̄ー ̄*)     それにハジロマユヒタキ、ハイイロオウチュウも至近距離で撮れました。 キナバル公園は開けた場所に野鳥が出るので写真が撮りやすいのです。

Ai_4601

アイイロヒタキ   

Haji4582

ハジロマユヒタキ

Ha4505

ハイイロオウチュウ

ロッジの2階のレストランは植物園側にデッキがありそこでビュッフェを頂きましたが、鳥が飛んでくるので、落ち着いて食べていられません (・∀・)ニヤニヤ   食後デッキの下で座り鳥達のウエーブを楽しみました。

Tyagasira4457_2

チャガシラガビチョウ

バスの時間も気になり早めに管理事務所に戻り野鳥図鑑を購入したり冷たいお茶を飲んでバスを待ちました。  3時半発のシャトルバスは大型なのに乗客は私達だけでした。 それで途中のセドコの傍で特別降ろしてもらうことになり大いに助かりました。 ここはオープンで気楽なシーフードのお店があり中央に沢山テーブルが並んでいます。 どれを頂こうか迷うほどですが、まずビールそれからカニのチリソース、空心菜 、ビーフンを注文。 どれもめちゃ美味しく大満足の二人でした。  食後タクシーでラサ・リアまで戻り、翌朝のホテル主宰のバードウォッチングを申し込み、お部屋で画像のチェック&削除に夢中の二人でした。 お休み・・・ (´△`)Zzzz・・・。o○

| | コメント (2)

2009年10月 9日 (金)

ボルネオ探鳥ー4

4月5日 早朝5時に起きてカップラーメンとバナナを食べて外に出ると、まだ薄暗い中鳥が飛び交っています。  急いでカメラの準備をして飛んでくる鳥達をファインダーに入れるが暗くてブレブレ。 気持ちも高ぶり興奮してなおさらブレてしまいます。 だってアカハシゴジュウカラ、 カンムリオウチュウカオグロオオサンショウクイ、ハイイロオウチュウ、ヒメオナガバトなどがひっきりなしに飛んでくるのでどれを狙うか迷うからです。 これが噂のバードシャワーで街灯に集まる蛾をめがけて普段見にくい野鳥が飛んでくるのです。 やがて 鳥の出が少なくなりほっと一息つくと朝焼けした4101mのキナバル山が神々しく見えました。  ロッジを後にして整備されたトレイルを歩くと薄暗い木にマミジロミツリンヒタキがいたり、頭上をベニサンショウクイが飛んだり、人懐っこいハジロマユヒタキやズグロメジロなどがいて感動の連続でした。 10時にチェックアウトの為ロッジに戻りリョックを担いで公園事務所に行き荷物を預け、3時半発コタキナバルまでの直行シャトルバスのチケットを購入して、又探鳥再開です。 

Aka4322

アカハシゴジュウカラ めちゃ赤いです!(・oノ)ノ

Kan4341

カンムリオウチュウ 30cmと大きい 毛は何本???

Sun4346

カオグロオオサンショウクイ  逆光と思いボツ寸前だった・・・

Ha4357

ヒメオナガバト

Zu4563

 ズグロメジロ 群れて沢山いました。

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

ボルネオ探鳥ー3

ポーリンのつづきです。

帰り道で遠くの木に鳥が飛び交っているのを発見して行ってみると木の実がたわわに実りそこに鳥が次々にやって来ました。 中でもアオガエルのような緑色で嘴が変な鳥のミドリヒロハシにはビックリしました。 こんな鳥がいるなんて驚きです。 他にも緑色のキホオゴシキドリウロコヒヨドリ、オオルリ、ズアカサイホウチョウ、コアカメチャイロヒヨカンムリオリーブヒヨの親子などがやって来るのでどれを撮ろうか迷うほどでした。

Mi4073

ミドリヒロハシ  この旅で一番印象に残った鳥です w(゚o゚)w

Mi4291

ミドリヒロハシ 見ていて飽きません。

Mi4182

ミドリヒロハシ お口開けてくれました。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

Kihoho4278

キホオゴシキドリ

Uroko4083

ウロコヒヨドリ

A4107

コアカメチャイロヒヨ

Tya4228

カンムリオリーブヒヨドリ ヒナちゃんは可愛かったぁ(◎´∀`)ノ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ポーリンはほんの一部しか探鳥してないのに、こんなに鳥がいるなんて!   温泉もあるしここで泊りたかったなぁ。。。         でも今夜はキナバル山の中腹にある公園のリワグスィートに予約しています。   しかたなく車に乗り込みポーリンから1000m高いキナバル公園に移動しました。   名ガイドのアンドリュウと別れて明日からは自力で探鳥です。  アジアンテイストなロッジは公園の中ほどにあり、お部屋は1階にソファー2階はWベットルームでした。  夕食はレストランでナシゴレンとミーゴレンとビール!!!  美味しかったぁ(*^_^*)    売店でカップラーメンを見つけ、朝食用に購入しました。   明日の早朝探鳥が一番の楽しみで、レストランでゆっくり食べていられないからです。     

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

ボルネオ探鳥-2

サンクチュアリーを後にして3時間で標高500mのポーリンに着き、焼きビーフンとジュースで昼食。  ガイドさん、運転手さん、私とMさんの4人で合計800円と格安なのがマレーシア。 食後すぐ付近を探鳥すると水浴び後のオオモズサンショウクイ、長い嘴のコクモカリドリオオキミミクモカリドリ、可愛らしいヒメカレハゲラ、エビチャゲラ、大きな目をしたエリゲヒヨドリ、突然飛び込んできた赤い鳥はグロミツユビカワセミ、葉と同じ色をしたコノハドリ, シキチョウなどひっきりなしに鳥が出て、私達は夢中で撮影しました。

Oo3850

オオモズサンショウクイKokumo3812

コクモカリドリ 

Eri3991

オオキミミクモカリドリ

Ka_3906

ヒメカレハゲラ  コアラみたいに可愛い~(*^_^*)

Mituyubi3848

セグロミツユビカワセミ  あっという間に飛び去り撮れたのはこの1枚のみ

Kono4004

コノハドリ ガイドさんが「あそこ!」 「えっ~どこどこ???」

Siki4037

シキチョウ 獲物をゲット!!!

| | コメント (2)

2009年10月 6日 (火)

ボルネオ探鳥-1

2006年にランカウイ島に行きマレーシアが大好きになり、2007年4月3日~7日ボルネオ島でMさんと二人で探鳥して来ました。  関空発12:00のマレーシア航空に乗りコタキナバル到着は16:10着 (時差1時間)直行便で5時間弱と楽なのです。 今回はHISで飛行機+ラサ・リア・ リゾート3泊付フリーを利用ですが、2日目はキナバル山で宿泊しました。 コタキナバル空港に着き、送迎車は1時間弱でホテルに到着。 ホテルはゴルフ場まである広大な敷地で自然保護区の山にオランウータンも生息しているすごいホテルなのです。  

4月4日 早く目が醒めたのでホテルの敷地で探鳥。ルリノドハチクイ、キンパラなどいましたが、朝食を急いで食べ、ロビーに行くと予約していた野鳥ガイドのアンドリューさんが来ていました。 彼はボルネオで超人気のガイドさんで日本語は堪能なので安心です。  まず初めはサンクチュアリーに行きました。 最初にシロハラクイナ、木道を進むとムナグロ、ササゴイ、、アカガオサイホウチョウ、キバラタイヨウチョウ、黄色くて小さなヒメコノハドリ、奥まで進むとムラサギサギが営巣していました。出口付近ではマダラナキサンショウクイが頭上の木にとまっていました。 この時の画像は設定ミスですべて青くなっていました。 補正してもこの程度です(ρ_;)

Siro3571

シロハラクイナ

Himekonoha3618

ヒメコノハドリ

Sa3710

ササゴイ

Murasaki3679  

ムラサギサギ

Madara3740

マダラナキサンショウクイ

| | コメント (0)